気になるワードは?
monpe_01

最強の部屋着あらわる!創業100年の老舗工場が作った「着る布団」って?

寒くなってくると部屋着の上にスウェットやセーターを着込んで、もったりと重たくなりがち。
今日ご紹介するのは、軽くて温かい、まるで着る布団のようなアイテム。
うなぎの寝床」さんで販売中の、日本の技術力が詰まったはんてん&冬用もんぺのご紹介です。

monpe_09
 

作っているのは創業100年を超える老舗工場

手漉き和紙や石灯籠などの伝統工芸から作家さんによるものづくりまで、さまざまな「ものづくり」が息づく地域・福岡県南部。
作っているのは筑後市にある宮田織物さん。元々は久留米絣の工場としてはじまりある時期からわた入りはんてんを作り出し、平成25年4月で創業100周年を迎えた老舗の織物工場です。

宮田織物は自社で布の企画開発から、織り、綿入れ、綴じ、縫製まで一貫して行っています。それぞれに昔からのプロフェッショナルな熟練の職人さんがいるので社員の方々もユニークな方が多く、日夜おもしろいものづくりをしている会社でもあります。

monpe_08

国産の素材で全て作っているにも関わらず、価格はたったの1万円から。非常に手に入りやすい価格で、多くの方に着て欲しいという意志を感じます。

monpe_10

 

履く布団!わた入りもんぺが生まれるまで

「わた入りはんてんって、ズボンないですよね?」ある時、宮田織物の方と話していると「昔ははんてんとコタツがセットやったけんね。」と答えが返ってきて「だからズボンがないのか」と納得しました。

福岡県筑後の宮田織物製作・うなぎの寝床のはんてんともんぺ

福岡県筑後の宮田織物製作・うなぎの寝床のはんてんともんぺ

そこで考えたのが「現代のライフスタイルでコタツ文化が少しずつ減ってきた中で、コタツに変わるズボンをつくることができないか?」。
裏地キルティング加工したもんぺを、コタツの代わりにしてしまおう!というアイデアです。

福岡県筑後の宮田織物製作・うなぎの寝床のはんてんともんぺ
 

メンズ・レディース・子ども用もあります

女性には、写真の赤い水玉のはんてん・もんぺがおすすめ。ふわりと軽い着心地で、家事に忙しいママにうれしいデザインです。

こちらのはんてんともんぺ。上下おそろいの生地で、家族みんなで着用することができます。

かわいらしいチェックや水玉模様のほかにも紺やグレーの渋いデザインまで、おきにいりの1点をみつけてみてくださいね。

monpe_12
今日ご紹介したはんてんともんぺを取り扱うお店「うなぎの寝床」さんでは、このほかにも日本の技術力を生かした寒さ対策グッズが手に入ります。
 
たとえば、こちらの「履く湯たんぽ」もおすすめです!

福岡県筑後の宮田織物製作・うなぎの寝床のはんてんともんぺ
 
いかがでしたか。この冬の寒さ対策、まだ準備が整っていない方は、ぜひはんてんともんぺをお試しくださいね。
 

今日ご紹介したネットショップはこちら

筑後のものづくりと地域のアンテナ うなぎの寝床

福岡県筑後の宮田織物製作・うなぎの寝床のはんてんともんぺ
通販サイトはこちら

ページのいちばん上へ