気になるワードは?
he

1カ月待ちの「ヘルメスとんかつソース」ほか全国各地のこだわりソース6選

こんにちは!カラメル編集部・テライです。
とんかつやコロッケを前に「ソースのかけすぎ!」と怒られている男性諸君も多いのではないでしょうか。かく言うわたしも、その一人。そういえば、ソースにまつわるエピソードに椎名誠のエッセイ「全日本食えばわかる図鑑」のこんなシーンがあります。

ー そしてもうひとつのなにも入っていない皿に、ソースをゴボゴボとびっくりするくらい沢山入れたのだ。そして次にそこにコロッケを一ケ、ぽちゃんと入れた。沢山入ったソースの皿にコロッケはその身を半分ほども浸す格好になった。

 
このあと、ソースが染みたコロッケを真っ白なご飯に埋めておいしく食べるシーンが描かれます。かけすぎと分かっていても、濃い味はやめられませんよね。この描写にひどく共感したのを覚えています。

 

あなたは知ってる? 3つのソースの違い

ところでウスターソースと中濃ソース、とんかつソースの違いをご存知でしょうか。
原料は一緒ですが、ソースの状態と味付けに違いがあるので、それに合った料理も異なります。

  • ウスターソース ・・・野菜や果実をベースに、辛めでさらりとしている。
  • 中濃ソース ・・・口当たりのよい控えめな甘さが特徴。
  • とんかつソース ・・・果実を多く使用しており、甘みととろみが強い。

 
味の違いを知っていただいたところで、今日は特性をふまえたうえで選んでいただきたい全国各地のソースを6つお届けします。
 

1.ヘルメス ウスターソース(大阪)

テレビで紹介されて以来、大人気のソース「ヘルメス ウスターソース」。

he

作っているのは昭和10年創業の株式会社石見食品工業所。現在まで受け継がれたレシピ、厳選された野菜・果物などを煮込み、ていねいに作られています。ロゴマークもレトロでとってもかっこいいです!

商品ページはこちら
(※2015年12月現在、発送まで1カ月待ちとなっています)
 

2.カギ印ウスターソース

山口県下関市のカギ印ソース本舗(株式会社勝俣商会)が大正10年の創業時から作り続けられているウスターソースです。
数種類の香辛料とハーブでソースの生命線である香りが演出されています。

商品ページはこちら

3.サクラカネヨ・ウスターソース

10種類以上のスパイスで香りと辛みを、さらにリンゴや玉ねぎのマイルドな風味を3日かけて仕込み、じっくりねかせた風味芳醇なソースです。

商品ページはこちら

4.亀岡の蛇の目ソース 中濃ソース

1920年創業の蛇ノ目ソース本舗が作る中濃ソース。地元・丹波産の野菜を使用し、高知県室戸沖の海洋深層水100%の塩をじっくり煮込んで作られるソースは、まろやかな味わいが特徴です。

商品ページはこちら

5.カントリーハーヴェスト 中濃ソース

昭和40年代にいち早く食品添加物を使用しないソースを作り上げてきたタカハシソースが作るカントリーハーヴェストシリーズの中濃ソースです。

商品ページはこちら

6.東根さくらんぼ中濃ソース

東根産のさくらんぼを原料にした中濃ソース。食を通したまちおこし活動に取り組む「東根風お好み焼き♪おこふ宣隊が開発したお麩を使ったお好み焼き「東根おこふ」の仕上げに使うために開発された中濃ソースです。

商品ページはこちら
 

いかがでしたか。
味もこだわりも全く異なる全国各地のソース。
お取り寄せしてみて、食卓であれこれ楽しんでみてはいかがでしょう。

ページのいちばん上へ