GMOペパボ
気になるワードは?
garet_1

1月しか食べられない王様のスイーツ!しっとりホクホク「ガレット・デ・ロワ」

カスタードクリームとアーモンドクリームがたっぷり入ったサクサクパイ。
今日ご紹介するのは、フランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」。
1月しか食べられないお菓子なのですが…みなさんご存知ですか?

「ガレット・デ・ロワ」とはフランス語で「王様のお菓子」。
御公現の日(エピファニ―)※ に、家族や親戚、友だちで集まって新年を祝うときに欠かせません。

※1月6日。キリストの誕生を祝って東方の3博士がお祝いを持ってたどり着いた日のこと。

Blanc Pain(ブランパン)のガレット・デ・ロワ

パイの中には「フェーブ」と呼ばれる小さな陶器の人形が入っています。
切り分けて食べるときにフェーブが入っているところが当たった人は願いが叶い、その幸運は1年間続くと言われます。

Blanc Pain(ブランパン)のガレット・デ・ロワ

新年が明けると共に、フランスのケーキ屋やパン屋ではガレット・デ・ロワが山積みに!
これを食べないと1年が始まらないとばかりに、みんなが買いにやってきます。

 

そんな「ガレット・デ・ロワ」を作る本場フランス仕込みのパン屋さん

今日ご紹介する「ガレット・デ・ロワ」を作っているのは、愛知県名古屋市にあるパン屋「Blanc Pain(ブランパン)」さん。

Blanc Pain(ブランパン)のガレット・デ・ロワ

フランスで15歳のときからパン職人として働いていたムッシュとお菓子の勉強をしにフランスへ留学していたマダムが日本で一緒に立ち上げたパン屋さん。ムッシュは2009年に天国へ旅立ってしまいましたが、その後も彼の言葉・しぐさの1つ1つをバイブルとして、本場の味と食感を大切にしたパンを作っています。

 

そんなBlanc Painさんの自信作「ガレット・デ・ロワ」がこちら。

Blanc Pain(ブランパン)のガレット・デ・ロワ

何度も寝かせ、何度も折りたたみ、ていねいに作られたパイ生地はサクサクとした食感。発酵バターの濃厚な味が口の中でじわりと広がります。

Blanc Pain(ブランパン)のガレット・デ・ロワ

パイの中にはアーモンドクリームカスタードクリームを合わせて作られた「フランジパンヌクリーム」がたっぷり!
香ばしい味わいのアーモンドクリームと、まろやかな甘さが活きるカスタードが絶妙に混ざり合い、しっとりホクホクな優しい風味に仕上がっています。

 

1ホールの直径は16cm。家族の1年の幸せを願い、休日のティータイムにみんなで「ガレット・デ・ロワ」を囲んでみてはいかがでしょう。
あわせて「日本一おいしいクロワッサン」もおすすめです◎

Blanc Pain(ブランパン)のガレット・デ・ロワ

ぜひBlanc Painさんでお取り寄せしてみてくださいね。

 

今日ご紹介したネットショップはこちら

本場フランス仕込みのパン屋さん Blanc Pain(ブランパン)

clowassann
通販サイトはこちら

ページのいちばん上へ