気になるワードは?
saba_2

【サバの日】5年連続売上No.1!羽田空港の空弁で超人気の「焼き鯖すし」

福井県小浜市にある「若廣(わかひろ)」さん。伝統の料理と独創的なアイデアの組み合わせで、独自の商品を全国にお届けしているお店です。
今日ご紹介するのはそんな若廣さんの一番人気の商品「焼き鯖すし」です。

羽田空港の空弁の中で売上No.1の「焼き鯖すし」

フジテレビ「めざましテレビ」や「日経MJ」をはじめ、さまざまなメディアでも話題の「焼き鯖すし」。

saba_1

若狭には、一本物の鯖に串を通し直火で焼きあげた、浜焼き鯖の食文化があります。
鯖は大変いたみやすい魚なので、冷蔵庫などの無い時代は保存が難しく、そこで保存法として考え出されたのが「焼き鯖」でした。
焼き鯖は冷めてもおいしく食べられることから「これはお寿司にも適した素材なのでは?」と生まれた新しいお寿司が「焼き鯖すし」なのです。

saba_5

 

黄金色の焼き鯖と福井県産コシヒカリが織り成す絶妙な一体感!

食感を大切にしている若廣の「焼き鯖すし」は、その美しい断面からもおわかりいただけるように、1本1本職人の手巻きに徹底してこだわりこしらえているんです。

saba_2

冷めてもふっくら甘い福井県産コシヒカリに、独自に調味した酢を使用。
たっぷりと脂がのった肉厚の鯖は、絶妙な焼き加減でしっとり香ばしくしあがっています。
さりげなく添えられた生姜は、食感を左右する「厚み」から、あくまで引き立て役に徹した「味付け」まで、すべて若廣オリジナル!

saba_4

黄金色に焼き上げられた焼き鯖と福井県産コシヒカリが織り成す絶妙な一体感は、一度食べたら忘れられなくなります。

絶品!「焼き鯖すし」はこちら

商品詳細・購入はこちら

 
若廣さんでは「焼き鯖すし」のほかにも伝統とアイデアで生まれた創作すしなどを販売しています。
「焼き鯖すし」と「鯖すし」の食べ比べセットもおすすめですよ!ぜひネットショップをチェックしてみてくださいね。

 

今日ご紹介したネットショップはこちら

羽田空港「空弁」にて5年連続売上第1位 「焼き鯖すし」でおなじみ 若廣

wakahiro

通販サイトはこちら

ページのいちばん上へ