気になるワードは?

【大分のうまいもの】魚の旨味がひろがる万能調味料「佐伯のごまだし」

大分県のおいしいもの・特産品をお届けしている「Oita Made(オオイタメイド)」さん。
今日はそんな「Oita Made」さんでみつけたとっておきのお取り寄せ食品をご紹介します。

いつものうどんが、ぐっと深みのある味わいに大変身!「佐伯のごまだし」って?

72-large

今日ご紹介するのは、漁業の町として知られる佐伯市の郷土の調味料「佐伯のごまだし」。

ごまだしは、もともと海産物が豊富な佐伯の漁師の家庭で、魚が大量に獲れれた時の保存食として作られた郷土料理。
新鮮な魚を焼いてほぐして、ごま、醤油、みりんを加えてペースト状にしただしは、保存性ばつぐん。
うどんに乗せてお湯を注げばそのままおいしく食べられてしまう手軽さも魅力の一つです。

oita_6

 

作っているのは、佐伯市の漁村女性グループめばる

夢はどこの食卓にもごまだしが並んでいること
 漁村女性グループめばる代表の桑原さんの口からは、軽快に、そしてパワー溢れる言葉が飛び出してきます!

74-large

 「私たちは魚の命もらってイノチキ(大分県の方言で、暮らし、生計のこと)してるんよ。だからどんな魚も同じくらい大事。骨まで無駄にはできん
その言葉のとおり、ごまだしに使った魚の骨は干して近所の農家の畑の肥やしとなっています。

75-large

今回桑原さんたちが新たに作ったごまだしの主役はシイラ。シイラは味はとてもおいしいのに、
名前の響きが少し良くないということで、九州では市場に出回ることが少ない魚なのです。

ごまだしを通してシイラに命を吹き込みたい

茹でたうどんを器に入れ、熱湯をそそぎ、ごまだしを1人前(約大さじ3杯)のせるだけで、漂う香ばしい香りと深いだしの味わい。
ですが、桑原さんはうどんだけに留まらず、和から洋デザートまで、ごまだしレシピを一冊にまとめた料理本を出してしまうほど、
とにかく発想力と行動力がすごい人物の持ち主。どうやったらごまだしが一人でも多くの人に届くのか?と常に考えています。

oita_7

いつかは海外に紹介できるように「ペーストではなくてコンソメキューブみたいにならんかなと考えているんよ」と笑う桑原さん。
大分県の一番南、佐伯市の入り組んだ半島の先端から、桑原さんとめばるグループの仲間のみなさんは、広い海のずっとずっと先を見据えています。

oita

商品詳細はこちら

いかがでしたか?大分県の恵みたっぷりのこちらのお取り寄せ商品。
Oita Made」さんにはこのほかにもおいしい特産品が盛りだくさん。
ぜひネットショップで気になる一品を探してみてくださいね。

 

今日ご紹介したネットショップはこちら

大分県の魅力を届ける Oita Made(オオイタメイド)

oita

通販サイトはこちら

ページのいちばん上へ