気になるワードは?
sb_springmenu01_07

ほくほくで笑顔になっちゃう【春野菜レシピ】新じゃがの丸ごとバター煮の作り方

食卓も彩り鮮やかに華やぐ季節。メイン料理に花を添える、春野菜のお料理はいかがですか?
今日ご紹介するのはEDIT LIFEさんがお届けする、春野菜とお醤油を上手につかったおいしいレシピです。

みんなが笑顔になる「新じゃがの丸ごとバター煮」レシピ

材料(2〜3人分)

sb_springmenu01_01

・新じゃが ・・・ 1袋
・醤油(今回はミツル醤油醸造元の「生成り、濃口 2012」を使用) ・・・ 大さじ2と1/2
・酒 ・・・ 大さじ2
・みりん ・・・ 大さじ2
・バター ・・・ 10g
・かいわれ ・・・ 適量

作り方

1. 新じゃがをよく洗い、皮付きのまま水から茹でる。

水の量は、新じゃがが丸ごと水につかるくらいを目安にしてください。

sb_springmenu_03

2. 沸騰したら、醤油・酒・みりんのそれぞれ半量を加えて煮込みます。

sb_springmenu_04

3. 煮汁が1/3程度になり、新じゃがに竹串がすっと通るようになったら、残りの醤油・酒・みりんを加え、フタをしないでさらに煮込みます。

sb_springmenu01_05

4. 煮汁が1センチほどになったらバターを加えて煮詰めます。

sb_springmenu01_06

5. 飾りにかいわれをのせて完成です!

sb_springmenu01_07

 
バターのコクと醤油の深みがベストマッチ。旬の新じゃがを皮まで丸ごと食べられる満足感たっぷりのひと皿が完成しました!
子どもから大人まで、みんなが大好きな味わいの煮物。ぜひご自宅でチャレンジしてみてくださいね。
 

レシピに登場したアイテムはこちら

ミツル醤油醸造元の「生成り、濃口」

福岡・糸島産の大豆と小麦を原料に、木桶で2年以上発酵・熟成させた諸味を絞り、火入れしただけという伝統的でシンプルな製法で作られたピュアな味わいの醤油です。

mitsuru_image_02

この醤油には、仕込み時期によって味わいの違う2種類があります。
今回使ったのは「生成り、濃口 2012」。2012年の秋から春にかけて仕込んだ醤油は、やさしい味わいで口当たりがマイルドなタイプ。コクがあるので煮物におすすめなんです。

商品詳細はこちら

 

今日ご紹介したアイテムは EDIT LIFE さんでお買い求めいただけます。

コンセプトは「立体編集」。東京、シンガポールを拠点にライフスタイル、カルチャーの情報を発信するギャラリーショップEDIT LIFEさんでは、テーブルウェアやキッチンツールなど販売しています。ぜひサイトをチェックしてみてくださいね。

editlife

通販サイトはこちら

ページのいちばん上へ