気になるワードは?

じゅわっとスパイシー! ビールが止まらなくなる絶品おつまみ「ピリ辛いかげそ揚げ」(福島)

気温も上がってきてビールが最高においしいこの季節!
ピリッと辛いおつまみはビールに欠かせないものですよね。
今回ご紹介するのは、かまぼこメーカー貴千さんの「ピリ辛いかげそ揚げ」です。

かまぼこの名産地で変わらぬ味を届け続ける老舗メーカー

貴千さんがある福島県いわき市は、古くからかまぼこのまちとして知られ、かつては板かまぼこの生産量で日本一を誇ったほど。

kisen

そのいわき市で昭和38年に創業した貴千さんは、3代目となった今でも、創業当時の教えを守りかまぼこ作りを続けています。
特に、かまぼこの風味を左右する「摺り」の工程は、機械まかせにせず、職人の手の感覚が頼りになるのだそう。
手間ひまをかけながら、お魚の旨みの生きた「すり身」を作っています。

 

自慢の「いかげそ揚げ」は、普通のものとは一味も二味も違う!

こちらが貴千さんの「ピリ辛いかげそ揚げ」。ふつうのげそ揚げに比べて、なんだかゴロゴロとした印象を受けませんか?

kisen_1

それもそのはず。貴千さんのげそ揚げは、七味唐辛子を混ぜ込んだお魚のすり身をいかの身にまぶして作られた「げそ揚げ」と「揚げかまぼこ」の合いの子のような作りなのです!
かまぼこ屋さんとして、すり身に自信を持つ貴千さんならではのアイデアですね。

kisen_5

こちらの一品、イベント出店される際にも常に一番人気なんだとか!
噛めば噛むほどに、お口のなかでいかとお魚の旨みが広がっていきます!

kisen_3

「ピリ辛いかげそ揚げ」の内容量はおよそ300g
揚げたてのおいしさをそのままキープできる真空パックにしてお届け。
いかも大ぶりの身を使っているので、食べごたえもバッチリです。

kisen_6

そのまま食べてもおいしいのですが、卵とじのアレンジ料理にしても◎
まろやかさが加わってボリュームもアップ。ご飯のすすむおかずとしても活躍します!
辛みと旨みの絶妙なハーモニーに、きっとやみつきになることまちがいなしの一品。
ぜひご家族で堪能してみてはいかがでしょう。

kisen_4

商品詳細はこちら

 

今日ご紹介したネットショップはこちら

福島県いわきのかまぼこ店 貴千

kamaboko
通販サイトはこちら

ページのいちばん上へ