気になるワードは?

完熟果実が30%!贅沢いちごアイスに隠された3つのこだわり(高知)

まだ春浅い低温期にじっくりと完熟させた、高知のいちご。
その新鮮な甘みと香りをそのままに残した松崎冷菓さんの「春いちごアイスクリーム」が、いよいよ出荷の時期を迎えました。

実は…このアイスには、さまざまなこだわりが隠されているんです!

reika2-09

こだわりその1 いちごの“旬”

「春いちごアイスクリーム」に使用するいちごは、
高知市と土佐市の契約農家さんで春先に完熟させた「さちの香」だけ。

それも、色や形の悪いハネものではなく正規品を選び抜いています。

reika2-06

いちごの香りと味がもっとも生きている早春、しかも朝のうちに収穫。
いちごのおいしさを知り尽くした契約農家さんとのタッグがなければ、ここまで贅沢なタイミングで味わうことはできません。

reika2-07

こだわりその2 いちごの“味”

朝摘みされたいちごは、その日の午前中には松崎冷菓さんのもとで加工が始まります。

せっかくの新鮮ないちごも、冷凍してしまっては食感が台無し。
いちごの鮮度が落ちないうちに丁寧な手作業でヘタをとりながら、形を崩さないようじっくりと煮詰めていくこと、その数なんと20回

reika2-10

どんなに手間がかかっても、
新鮮ないちごの甘さと香りをそのまま生かすことに心血を注いでいるのです。

reika2-08

こだわりその3 いちごの“量”

数々の工程の末にいよいよ完成した「春いちごアイスクリーム」。
一口かじってみれば、あまりのいちごの多さにきっと目を丸くしてしまうことでしょう。

reika06

なぜなら、完熟いちごの割合はおよそ3割!

牛乳と練乳、そしてほんのすこしのお砂糖を加えてシンプルにつくられているから、
まるで本物のいちごを食べているかのようなリアルな甘酸っぱさが堪能できるのです◎

reika2-04

編集部のおすすめは、濃厚な口どけが楽しめるアイスクリームといちごの存在感をかじるごとに楽しめるアイスバーの2種類がセットになった「レギュラーサイズ」。

スーパーやコンビニでは味わえない、とっても贅沢なアイスをぜひ一度おためしあれ◎

reika2-01
春いちごアイス(レギュラーセット)の詳細はこちら
 

今日ご紹介したネットショップはこちら

土佐の「ほっ」とするアイス 松崎冷菓

capture

通販サイトはこちら

ページのいちばん上へ