気になるワードは?
editlife-bag01-1

小旅行やアウトドアで活躍する【3タイプ別】帆布の大容量バッグ

雑誌を編集するように、生活を編集する」。
そんなコンセプトから生まれたメディア型のオンラインショップ「EDIT LIFE」さん。

メーカーや職人さんが抱く商品へのこだわりとともに、その魅力を丁寧に伝えるという唯一無二の姿勢で人気を集める、注目のお店です。

今日は、そんな同店オリジナルのハンドメイドバッグをご紹介。
大きさの異なる3アイテム、あなたのお出かけスタイルに合うのはどのバッグでしょう?

editlife-bag04

休日のおでかけにちょうどいいサイズ感「Stencil Tote Bag」

こちらのやや小ぶりなバッグは、休日のおでかけにちょうどいいサイズ感。
マチ部分が20cmと余裕があり、見た目以上にモノが入るのがうれしいポイントです。

editlife-bag02

タフな帆布でつくられているため、汚れても洗濯して長く愛用できます。
サイドからぴょこんと飛び出たラベルもかわいらしく、毎日使いたくなりそう◎

editlife-bag02-01
商品の詳細はこちら

アウトドアにおすすめの大容量バッグ「Stencil Tote Bag」

たっぷり大容量が魅力の本アイテム。
北欧発の大型家具店で使われているブルーのバッグとほぼ同じサイズ感のバッグです。

editlife-bag01

肩からかけられる長めの持ち手と、手で持ちやすい短めの持ち手が両方備わっており、機能性へのこだわりが感じられます。
アウトドアや小旅行にもぴったりの一品。

editlife-bag01-01
商品の詳細はこちら

屋外でのPC作業にぴったり「台形型 Stencil clutch case」

editlife-bag03

屋外で作業することの多いあなたには、
ジップ部分に入った配色がおしゃれなクラッチケースがおすすめ。

ノートPCと財布、数本のペン。
最低限の荷物がすっぽり収まり、片手に携えるだけでスマートな雰囲気に決まります。

editlife-bag03-01
商品の詳細はこちら

今回ご紹介したEDIT LIFEオリジナルのバッグは、
ステンシルアーティスト・守矢努さんと、バッグブランド「KHISONOIO?」斎藤徹さんのコラボレーションで生まれたのだそう。

このほかにもサイズ違い・文字違いでたくさんのバッグが揃っていますので、
あなたのライフスタイルに合わせてぜひ選んでみてくださいね。
 

今日ご紹介したアイテムは EDIT LIFE さんでお買い求めいただけます。

コンセプトは「立体編集」。東京、シンガポールを拠点にライフスタイル、カルチャーの情報を発信するギャラリーショップEDIT LIFEさんでは、テーブルウェアやキッチンツールなど販売しています。ぜひサイトをチェックしてみてくださいね。

editlife

通販サイトはこちら

ページのいちばん上へ