気になるワードは?
kagoshima03-1

リビングのアクセントに◎鹿児島陸さんのオリジナルペーパーボックス

イタリア、イギリス、フランス、フィンランド、インド、ネパール…。
世界中から選び集めた個性豊かな紙をつかった貼箱専門店「BOX&NEEDLE」さん。

kagoshima08

京都ならではの「おもてなし」の心を持って、職人の手で一点一点制作された箱たち。
手作業だからこそ、色も柄も同じアイテムはひとつとして存在しません。

今日はそのなかから、陶芸作家・鹿児島陸(かごしま まこと)さんの描くオリジナルペーパーでつくったアイテムをご紹介します◎

市販の箱ごとすっぽり収まる。
インテリアの名脇役「ティッシュボックス」

最初にご紹介するのは、「FLOWERS IN THE MORNING」というオリジナルペーパーでつくられたティッシュボックス。
草花などをカラフルに絵付けした陶器作品が人気の鹿児島さんらしい作品です。

kagoshima01

アイボリー地に花々が並んだシンプルな絵柄からは、まるでみずみずしい朝の空気が伝わってくるかのよう。
鹿児島さんの丁寧な筆づかいまでも感じられそうな繊細なプリントが魅力。

市販の箱のまま収納でき、お部屋のイメージに合わせて主役にも脇役にもなる優れものです。

kagoshima02
商品の詳細はこちら

デスクや電話横がパッと華やぐ!
サッと取り出しやすい「メモボックス」

殺風景な印象になりやすいデスクの上を彩ってくれるのが、こちらのメモボックス。

kagoshima03

「KUKINTA(花盛り)」と名づけられた茶色地のデザインペーパーは、友禅紙専門の工房で和紙一枚一枚に手刷りされたもの。
手触りでインクの盛り上がりまで堪能できるほど、手作業の温かみが生きたアイテムです。

kagoshima04

ふたを開くとたっぷりのメモ用紙が収納されていて、とても機能的。
全面に小窓が付いており、一枚一枚が取り出しやすい仕組みとなっています。

kagoshima05
商品の詳細はこちら

冷蔵庫やデスクにぺたんとくっつく!
使い道いろいろ「マグネットボックス」

最後にご紹介するのは、お店でも人気を誇るマグネットシリーズのロングボックス。
アイボリーブラックの紙に、淡い色合いの陶器の花々が浮かび上がった「FLOWERS IN THE DARK」というデザインペーパーを使用しています。

kagoshima06

箱の内側に薄型のマグネットが内蔵されており、冷蔵庫やデスク、ロッカーなどに貼りつけて使えるのが魅力。

ハサミやペン、めがねの収納のほか、中に小瓶を入れてお花を生けてもキュート。
机の上に置いてペン立てにするのもおすすめです◎

商品の詳細はこちら

いかがでしたか?鹿児島陸さんデザインのあたたかみあるインテリアボックス。
ネットショップにはこのほかにも、壁掛けのできるパネルボックスや、大きな円柱型のハットボックスなどを販売中。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

今日ご紹介したネットショップはこちら

京都の職人による貼箱店 BOX&NEEDLE

capture

通販サイトはこちら

ページのいちばん上へ