気になるワードは?
0070_original

FORSLAG DESIGNさんが教えてくれた、日本人がまだ知らないすてきな雑貨ブランド8選

いつも画面越しに見ているネットショップのむこうには、
想いのつまった"モノ"とそれを届ける""たちがいます。
このコーナーでは、知られざる商品開発ストーリーや
お店の裏側に迫る現場レポートをお届けします。
暮らしをデザインする雑貨のお店「FORSLAG DESIGN(フォスレイデザイン)」さん。北欧をはじめ世界各国から集められたこだわりの雑貨を、店長の吉金矢子さんにご紹介いただきました!

 

1.MOON HOOK & STAR HOOK

あの壁についている、月とお星さまは…?

0071_original

吉金さん

 

これはお店を開店したころから取り扱っているフックになります。

どこの国で作られたものなんですか?

お話を伺ったのは店長の吉金矢子さん。

お話を伺ったのは店長の吉金矢子さん。

吉金さん

 

アイスランドに住む夫婦によるデザインユニット「Agustav」がハンドメイドで作ってるものなんです。

手作りとは驚きです…!

吉金さん

 

ウォールナット、アッシュの2種類があるので、お部屋のイメージにあわせて選んでみてください!

0097_original

このブランドのアイテムをもっと見る

 

2.Studio Oyamaのマグカップ

0070_original

これは北欧のものですか?

吉金さん

 

「Studio Oyama」というスウェーデン在住の日本人、Masayoshi Oyaさんのブランドなんです。わたしも最初、北欧の方の作品と思ったんです。色使いとかこのパターンとか。でも日本人と聞くとしっくりきませんか?

きますね。

0025_original

吉金さん

 

フォルムやサイズ感、色柄もいいんですけど、注目していただきたいのが底のサイン。とってもかっこいいんです。

カップの底のサインが、かっこいい!

カップの底のサインが、かっこいい!

本当だ!これは男性へのプレゼントなんかにもよさそうです。

吉金さん

 

日本ではまだ当店含めて2店舗しか取り扱っていないものなので、レア度も高いです。おすすめです!

0019_original

このブランドのアイテムをもっと見る

 

3.砂山ちひろさんのカップ

0064_original

こちらも日本人作家さんによる作品ですか?

吉金さん

 

はい。これは茨城で制作をされている砂山ちひろさんのコップ2種類です。毎年訪れる笠間焼のイベント「陶炎祭」で出会って一目惚れしたんです。

紙コップみたいなテクスチャですね。

吉金さん

 

持ってみるとしっかりしてるんですよ。もうひとつのこっちは冷酒杯。日本酒や白いワインを飲むのにおすすめです。

0098_original

このブランドのアイテムをもっと見る

 

 

4.カナダから届いたランタン

FORSLAG DESIGNさんはキャンドル関連のアイテムも多いですね。

吉金さん

 

そうですね。最近入荷したものだと、これ。カナダから輸入したランタン。

0109_original

一見すると紙や布に見えますが。

吉金さん

 

とても薄い陶器で、火を灯すと貝殻のように透けて美しいんです。

新商品のランタン。

新商品のランタン。

きれいですね。ずっと眺めていたくなる…!

吉金さん

 

夏、ベランダやアウトドアで食事する際に風除けとしてぜひ使っていただきたいです。価格も手頃なので初心者の方にもいちおしです!

0035_original

※7月初旬発売予定

 

5.オリジナルのCitronella Candle

オリジナルのキャンドルもあるんですね!

吉金さん

 

はい。今年は新作で「虫除けキャンドル」を作りました。

オリジナルの虫除けキャンドル。柑橘系のシトロネアの香り。

オリジナルの虫除けキャンドル。柑橘系のシトロネラの香り。

吉金さん

 

虫が大の苦手な私にとって、夏の間欠かせないものなんです。せっかくなら持ち運びできてかわいいものがいいなと思って、小さな缶のキャンドルにしました。

とってもかわいいですね。これならキャンドル初心者さんでも取り入れやすいです。

0100_original

吉金さん

 

火をつけなくても柑橘系のシトロネラの香りがするので、置いておくだけでも少しは虫除けになるかもしれません。

商品詳細はこちら
 

6.not PERFECT LINENのリネンアイテム

お店の一番人気はどれになりますか?

吉金さん

 

リトアニアのリネンブランド「not PERFECT LINEN」のアイテムは、当店でも大人気です。全部手作りなんですよ!このクロスやクッションカバーは、うちの別注品です。サイズをオーダーさせてもらっていて。

0103_original

吉金さん

 

日本のクッションは基本的に45cmなのでそれに合わせてもらったのと、クロスはこれよりも小さかったんですがお弁当を包めるように大きめに作ってもらいました。

なるほど。

吉金さん

 

あとこっちのリネンのトップスも別注してもらいました。もともと襟ぐりが広くて女性的なラインだったんですが、日本人が着やすいように襟ぐりを小さくしてもらったんです。

0055_original

これなら安心感あります!

吉金さん

 

日本人はこのほうが安心しますよね。これからの季節、旅行の着替え着や部屋着にも使ってほしいです。

0077_original

このブランドのアイテムをもっと見る

 

7.THIS IS PAPERのバッグ

最近入荷したもので、吉金さんのイチオシはありますか?

吉金さん

 

ポーランドのデザインスタジオ「THIS IS PAPER」。わたしのイチオシです。

THIS IS PAPER

THIS IS PAPER

吉金さん

 

個人的に輸入して使ってたくらいファンで。シンプルだけど機能性が高くて、流行に流されないかんじがすごく好きなんです。

しっかりした作りですね。カジュアルにもビジネスシーンにも活躍しそうです。どんな方たちが作ってらっしゃるんですか?

吉金さん

 

もともとは雑誌の出版なんかをしている人たちが作ってます。そういう背景も含めてとても好きで。このリュックなんか、特におすすめです。

0048_original

このブランドのアイテムをもっと見る

 

8.Knobbly Studioのアクセサリー

アクセサリーも取り扱っているんですね。

吉金さん

 

日本ではアクセサリーというとデコラティブなもののほうが分かりやすくて人気が高いのですが、わたしは個人でこれをずっと輸入していまして。

どこの国のアクセサリーなんですか?

吉金さん

 

イスラエルのブランド「Knobbly Studio」になります。

0052_original

吉金さん

 

もうずっと好きで好きで。ゴールドもあるんですけど、わたしがシルバーでおねがいってずっと言ってるので、作っている彼女たちもそれを知っていてくれてるんですね。

0002_original

吉金さん

 

だから本当はシルバーがないもののも、当店のために、わざわざシルバーで作ってくれたりもするんです。

すごい!吉金さんの「好き!」って想いが作家さんたちに通じてるからこそこれだけのアイテム展開ができるんですね…!いろいろ教えてくださってありがとうございます。

0034_original

このブランドのアイテムをもっと見る

 

こちらのインタビューもあわせてどうぞ!

有名ブランドはあえて並べない! みんなが知らない雑貨にこだわる「FORSLAG DESIGN」の話。

有名ブランドはあえて並べない! みんなが知らない雑貨にこだわる「FORSLAG DESIGN」の話。

この記事を読む

今回ご紹介したショップ
FORSLAG DESIGN(フォスレイデザイン)
なんでもないような時間さえも大事に、より心地よく過ごすことを大切にしていた北欧の人々。そんな北欧の暮らしをとおして感じた「暮らしをデザインする」アイテムを届けるショップ。

ページのいちばん上へ