気になるワードは?
_koha2

帯留めや髪飾りなど浴衣に合うおしゃれな小物がみつかる7つの通販サイト

もちゑ

 

夏といえば、浴衣の季節。
お気に入り柄の浴衣だけでなく、アクセサリーやかばんなど揃えるものは意外とたくさんありますよねぇ~。

そこで今回は、浴衣や着物に合う小物がみつかる7つのネットショップを探してきました!

1.さく研究所の帯留め

洋服感覚で気軽に着られるようにと、コットンやリネンなどでつくった着物を展開する「さく研究所」。
そんな同店のオリジナル帯留めは、「二階堂村濃(ニカイドウムラゴ)」と呼ばれる家紋をモチーフにしたデザインで、帯や着物の柄を選ばずつかえるシンプルなアイテムです。

yukata1-02
商品詳細はこちら
 

2.Kohaさんのバッグ

日本の四季や植物のモチーフに、西洋の様式美を取り入れたグラフィックが人気の「koha*web shop」。
京都の乙女文化発信クリエイター”ことkoha*さんが立ち上げた同ブランドからは、伝統の捺染技術でつくりあげた美しいバッグをご紹介。

yukata2-01

コットンでありながらサラサラと心地よい手触り、世界に誇れる発色のよさ。
そしてこの比類なき柄ゆきが評判を呼び、スタイリストさんやテキスタイル業界の方々から人気に火がついた逸品です。

yukata2-02
商品詳細はこちら
 

3.designsixのビーズアクセサリー

ロンドン発のアクセサリーブランド「designsix」からは、浴衣のヘアアレンジに便利なビーズアクセサリーセットがラインアップ。

yukata3-01

サイドに流した前髪を抑えたりまとめ髪のアクセントにしたりと、普段づかいもしやすいデザイン。
ころんとまあるいフォルムが、顔まわりを華やかに、愛らしく演出します。着物の絵柄や帯の色と合わせたコーディネートがおすすめです。

yukata3-02
商品詳細はこちら
 

4.Coci la elleの日傘

この世界にまた一つとない傘をこしらえるブランド「Coci la elle(コシラエル)」。
太陽の下に一枚の絵を広げるように、繊細なタッチで彩られた表情豊かな傘を多数展開しているお店です。

yukata3-03

こちらの「FIND」は、水彩絵の具でさらさらと描いたような淡い色合いがやさしくかわいらしい一本。飛沫や細部にまで美しさを感じられる唯一無二のデザインです。

yukata3-04
商品詳細はこちら
 

5.nichinichiのビジューアクセサリー

フランスやドイツ、チェコスロバキアなど、ヨーロッパ各国のアンティークパーツをつかったアクセサリーを展開する「nichinichi(にちにち)」。
着こなしの邪魔をせず、それでいて着ける人の印象となるようなアクセサリーを制作しています。

yukata5-01

透明感のある淡いブルーが目を引くこちらのピアスは、西ドイツ製のヴィンテージガラスを使用。耳の表側・裏側どちらから留めてもエレガントな印象に決まります。

yukata5-02
商品詳細はこちら
 

6.加賀水引のアクセサリー

金沢から生まれた雅な文化「加賀水引」。
美しい和紙の折型、高度な水引結び、美しい書。芸術の域にまで高められた水引をつかって、こんな優雅なバレッタができあがりました。

yukata6-01

コシがあり丈夫で、見る角度によってキラキラと輝く姿は、和服との相性ばつぐん。「津田水引折型」さんのネットショップでは、水引を応用した花のようなかたちのピアスなども販売しています。

商品詳細はこちら
 

7.伝統技巧をこらした「C-Brain」の腕時計

浴衣の袖からチラリとのぞく腕時計にも、和装にぴったりの輝きがほしいところ。
日本ならではの美を詰め込んだ「C-Brain(シーブレイン)」の腕時計は、カスタマイズの自由度が高く、洋服にあわせてアクセサリー感覚で合わせられるのがポイント。

yukata7-01

天然石を砕いた岩絵具を使用するなど、伝統的な技法や素材を用いた時計はどれも繊細で、見とれてしまうほどの美しさです。

yukata7-02
商品詳細はこちら
 

もちゑ

 

いかがでしたか?浴衣姿がいっそう映える素敵なアクセサリー。
今年の夏祭りは、あなたの印象を変えるとびっきりのアイテムを身につけて出かけてみてくださいね~!


 

和服をお探しならこちらの読み物もおすすめ!

京都へ訪れたら絶対行くべき!人気ブランドSOU・SOUの7つの店舗を巡ってみました。

京都へ訪れたら絶対行くべき!人気ブランドSOU・SOUの7つの店舗を巡ってみました。

この記事を読む

和服を普段着に上手に取り入れるには? SOU・SOUさんに着こなしのコツを伺いました。

和服を普段着に上手に取り入れるには? SOU・SOUさんに着こなしのコツを伺いました。

この記事を読む

ページのいちばん上へ