気になるワードは?
eyecatch 食べ終わった「壺漬明太子」の漬けタレで浅漬けができちゃう。一粒で二度おいしい明太子「めんたれ」とは?【酒のほそい道・第3回】

食べ終わった「壺漬明太子」の漬けタレで浅漬けができちゃう。一粒で二度おいしい明太子「めんたれ」とは?【酒のほそい道・第3回】 食べ終わった「壺漬明太子」の漬けタレで浅漬けができちゃう。一粒で二度おいしい明太子「めんたれ」とは?【酒のほそい道・第3回】

-第3回-
食べ終わった「壺漬明太子」の漬けタレで浅漬けができちゃう。
一粒で二度おいしい明太子「めんたれ」とは?

この連載ってどんなの?

お酒のアテを追求することに余念のない飲兵衛が、選りすぐりの逸品をあれこれ試してみる連載です。
今回はあき乃家さんの「壺漬辛子明太子 めんたれ」の漬けタレに注目しました。

ほそいあや

ライター:
ほそいあや
BLOG Twitter

酒の肴からゲテモノまで、いわゆる「珍味」をこよなく愛する。おんな酒場放浪記に出るのが夢です。

 

こんにちは、ほそいです。
今日は、あき乃家さんの「壺漬辛子明太子 めんたれ」と、「ワイン明太チーズクリーム」を取り寄せました。

DSCN2375

「壺漬辛子明太子 めんたれ」は、漬けタレに漬け込まれた明太子。
もう字面だけでおいしそうな代物です。

DSCN2378

たっぷりの漬けタレの中に、赤い宝石、明太子がぎゅうぎゅうに詰まっている。取り出すと、思ったよりねばねばしていて糸を引きます。昆布がいい仕事をしているようです。

食べてみると、ワインの味がけっこう染みていますね。普通の明太子とちょっと趣きが違います。プリプリで、皮を破るとぴゅっと中身が飛び出す感じ。

ご飯が進んでたまらんし、これだけで酒が飲める。

DSCN2382

さて、ここで野菜スティックの登場です。
このまま食べるのではなく……

DSCN2385

たらこを食べ終わったあとの漬けタレに、適当な野菜を沈めると、一晩で浅漬けができるんだって!あき乃家さんも推奨している「あと造り」レシピです。

漬けタレの浅漬け、そのお味は?

じゃーん。

じゃーん。

一晩でけっこう漬かっているようです。さっそく、いただいてみます。

大根

しゃくしゃくの歯ごたえを残しつつちゃんと明太味が染みてる。明太大根だ!
昆布のぬめりがまたよくて、箸がつるつる滑るほど。旨み満載の浅漬けになりました!

人参

固いからどうかなと思ったけど、味はちゃんとついている。大根やきゅうりほど柔らかくはないけれど、カリカリした食感でサラダ感覚の浅漬けだ。

きゅうり

浅漬けといえばきゅうりですね。すっかり明太に染まっています。ちょっと変わった漬物として店で出てきても遜色ないレベル。

みょうが

形状から一番味が染みてました。明太味が和ハーブならではの爽やかさを引き立てています。普段は薬味のみょうがだけど魚卵の風味をまとうことで主役に抜擢された感じ。

明太味の野菜って、ご飯にもお酒にもガチで合う。

あえてこの中で好きなのを選ぶとしたら、みょうがかな?
それにしても漬け汁でここまで楽しめるとは。この汁をうっかり捨ててしまった場合のことを考えると恐ろしい。

DSCN2390

魚の切り身もよいとのことでお刺身も用意しようと思ったけど、ここはあえてさきいかにしました。乾きものの変貌が見てみたい。

DSCN2389

おお、料理になってる。
タレをたっぷり含んでみずみずしい。さきいかのほの甘さが優しく残っています。少しお醤油を垂らすといい感じ。これはご飯じゃなくてお酒のお供かな。

以上、「めんたれ汁の二次利用が楽しい」でした。
漬け物だけでなく、パスタや炒飯の味付けにも活用できるそうです。
(野菜を漬けると水が出てタレが薄くなるので、何度か使いたい場合は野菜は最後にするのがよさそうです)

ワイン明太チーズクリームとは……?

DSCN2377

さてもう一つ、こんな商品も気になったので買ってみました。
商品名のやばさよ、絶対うまいでしょ。

DSCN2396

チーズと明太子という黄金コンビ。このままちびっと舐めながら酒をすするもよし。
明太子好き、クリームチーズ好きなら一度は食べていただきたい。

DSCN2392

バゲットとの相性は抜群、ワインですねこれは。味は結構濃いので、お酒が進んでしかたない。
その他、パスタやオムレツにも応用が利きます。一瓶あれば普段の料理がバージョンアップすること間違いなし。

DSCN2393

濃厚なペースト状のものは何でも海苔にのせればつまみになる」というのは持論なのですが、これはレバーパテや粒ウニにも通じる濃厚さで海苔とぴったり。
お腹にもたまらず、飲ん兵衛にはありがたい「永遠に酒の飲めるつまみ」として愛用していきたいと思います。

以上、すごく得した気分になる明太子と、めちゃうまな明太チーズクリームでした。
ちょっとした珍しさがあってプレゼントにもよさそうですし、料理にもバンバン使えるので、お酒好きの人以外にも喜ばれますよ!

 

今回ご紹介したショップ
あき乃家
吟味した良質の生たらこを天塩で丹念に仕立て、ワイン仕込みのつゆでじっくりと低温熟成/こだわりの辛子明太子・あき乃家からお届けします。

ページのいちばん上へ