気になるワードは?
97647377

お酒好き必見!200年の歴史ある日本酒と人気のクラフトビールを製造販売する「玉村本店」 (長野)

こんにちは。カラメル編集部の白方です。
お酒に目がないわたしイチオシのお取り寄せ情報を今日はお届けします。
ご紹介するのは、長野県・志賀高原にある「玉村本店」さんの日本酒とビールです。

company-about-img

創業1805年の老舗、玉村本店さん。目指しているのは、全国トップの水準を誇るお酒です。
清酒「縁喜」の酒蔵としてはじまった会社も、今では日本酒にとどまらずクラフトビール製造しています。

engi

 

「この酒を飲むために行きたい」そう思ってもらえる日本酒

なんといっても注目は日本酒「縁喜」
約5万年前の噴火でできた溶岩層深く浸透した志賀高原深層の湧水を使った日本酒です。

97647324

自家栽培している酒造好適米「美山錦」はじめ、玉村本店ではの長野生まれ・長野育ちの酒米だけで「縁喜」をつくっています。

engi-kodawari-img-01

仕込み開始からもろみをしぼるまでの期間を、普通酒でも30日間、大吟醸にいたっては45日間ほどと、一般に比べて非常に長くとっているのが特徴。

engi-kodawari-img-03

生産性の面では非効率的ですが、厳寒の冬に低温で長期間醗酵させることによって、縁喜ならではの深い味わいが醸しだされるのです。

engi-item-img

商品一覧はこちら

この土地だからこそできるビールを求めて、ホップからつくりはじめたビール

玉村本店さんのもうひとつのおすすめは「志賀高原ビール」。
ビール好きの間では有名な、大蛇のマークが目印の国産ビールです。

hop2

かつて昭和30年代後半まで、長野県北部は日本一のホップの産地でした。
2005年、そんな土地で原料づくりから挑戦してみたい!という想いから、畑をつくりはじめたのが全てのはじまりです。

hop3
ホップづくりの難しさから自然の厳しさも学び、あらためて「酒づくりは風土を醸す」ということだと実感されたんだそう。
この試みをおもしろがってくれる大勢のファンや、ブルワーのみなさんとの出会いにも恵まれて、現在では多くのアイテムに自家栽培原料が使われています。

97647377

商品一覧はこちら

ちなみに、ホップ収穫から仕込釜投入までの時間がおそらく世界最速(!?)の自家栽培ホップ生仕込み「Harvest Brewシリーズ」は、みずみずしく柔らかい生ホップならではの味わいが独特で、毎年大好評。すぐに売り切れてしまいます!
 

わたしの気になるアイテムはこちらの2点

雪猿 Snow Monkey 純米にごり酒 300ml

長野県産の酒米「ひとごこち」100%で醸した純米にごり酒。純米のキレに米の味わいとまろやかさ加わって、適度な飲みごたえなんだそう。
パッケージもスマートでとてもかっこいいこちらのにごり酒、プレゼントにもよさそうです。

志賀高原IPA 330ml

志賀高原ビールの代名詞ともいえる定番人気商品
圧倒的な香りと爽快感。「苦さ」と「旨さ」がガツンとくる、ビール好きのためのビールです。
(ビアバーで一度飲んで忘れられなかったビールなので、お取り寄せできるのはうれしいかぎりです…!)
 

いかがでしたか? お酒好きの人へのギフトにも、おうちで楽しむ贅沢なひとときにもおすすめのビール。
ぜひお取り寄せで楽しんでみてください!
 

今日ご紹介したネットショップはこちら

長野県志賀高原の醸造元 玉村本店

tamamura
通販サイトはこちら

ページのいちばん上へ