気になるワードは?
0076_original

自由にコーディネートする楽しみを発信! 日本のカーテンのイメージをがらりと変える「びっくりカーテン」の挑戦

いつも画面越しに見ているネットショップのむこうには、
想いのつまった"モノ"とそれを届ける""たちがいます。
このコーナーでは、知られざる商品開発ストーリーや
お店の裏側に迫る現場レポートをお届けします。
3000種類以上のカーテンを販売しているネットショップ「びっくりカーテン」さん。豊富な商品の中から「これだ!」というお気に入りがみつかる親切な接客と工夫でファンを多くもつすてきなお店です。そんなお店を支える運営会社・株式会社ソレイユの社長・片岡幸美さんと女性スタッフさんたちにお話を伺いに、大阪へ行ってきました。

よむよむカラメル初の出張取材は、カーテン専門店!

自由にコーディネートする楽しみを届けたい! 日本のカーテンのイメージをがらりと変える「びっくりカーテン」の挑戦

左からデザイナーの杉本さん、取締役の羽田さん、社長・片岡さん。

今回のインタビューは「よむよむカラメル」初めての出張取材なんです!

片岡さん: わざわざ東京からお越しいただきありがとうございます。明日はどこか行かれるんですか?

実は日帰りで…(笑)

片岡さん: え〜っ!(笑)

0022_original

わたしたちもギフトショーなどで東京へ日帰り出張することありますが、けっこうハードですよねぇ。

はい…今思えば宿泊すればよかったです。でも今日「びっくりカーテン」さんに来てよかった、実はわたし引っ越したところで家のカーテンを探していたんです。

羽田さん: そうなんですか! まさにそういう方がわたしたちのお客さまです。

0005_original

片岡さん: 日本人がカーテンを購入する機会って人生で1回か2回ですよね。「カーテンについて右も左もわからないお客さまたちをなんとか最後までサポートしたい!」そういう使命感でお店を運営しています。

テンション上がる!自由で楽しいカーテンのコーディネート

「日本人」とおっしゃっていましたが、海外では事情が違うんですか?

杉本さん: はい。海外では、カーテンを空間演出における重要なアイテムに位置づけているところが多いので、購入頻度も高いんです。

0032_original

1回や2回買うものではないんですか?

羽田さん: そうですね。ヨーロッパなんかだと「クリスマスだからこの赤色!」みたいに、季節にあわせてカーテンのコーディネートを楽しんでいますね。

片岡さん: ですから海外のカーテンは日本よりもずっと技法や素材のバリエーションが豊かです。

0058_original

たとえば、オパールプリントっていう薬剤で柄の部分以外に透明感をだす技法があるんですけど、プリント部分の色がとっても鮮やかなんです。これはスペインから輸入したオパールプリントのカーテンなんですけど。

0046_original

わ!! とってもかわいい柄ですね〜〜!

片岡さん: そう、すっごくかわいいんですよ〜! こうやって柄地を後ろにして前にのせると…

0047_original

うわあああああぁぁ〜〜〜〜っ!!

片岡さん: そ、そんなに興奮されるとは!!(笑)

変な声でちゃいましたすみません! これはかわいいですね!!!!!

片岡さん: これはですね「逆吊り」という重ね技です。

本来窓側に吊るすレースカーテンを部屋側に吊るすんです。カラフルなカーテンに重ねてもいいですし、ヴィンテージ感あるレースカーテンなら天然素材と重ねるのもおすすめです。

 かわいすぎて、語彙が「かわいい!」と変な声しか出ない

車のイラスト×チェッカー柄のかわいい組み合わせ!

レースを前に吊るすなんて考えたことなかった。カーテンをこんなに楽しく自由な発想で選んだことがなかったです!

片岡さん: そうですよね! とても楽しいんですよ、カーテン選びって。

 

すでにあるモノではなく、まだないモノをつくる

ネットショップもコーディネート写真がずらりと並んでいて、とてもわかりやすいです!

片岡さん: ありがとうございます。写真はほとんどわたしたち3人で撮影しています。

そうなんですか!きれいに統一されてるので専属のカメラマンさんがいるんだと思ってました。カメラの操作やスタイリングは独学ですか?

びっくりカーテンさんのコディネート写真

びっくりカーテンさんのコーディネート写真

羽田さん: はい。たまに教えあったりしつつ、ほぼ独学です。まあ今のカメラはよくできているんで…(笑)

杉本さん: ほんとよくできていますよ。性能がいいですもん。

0033_original

ええっそんな! でもこうやってみると、小物やセットも充実してますね。

片岡さん: ちょっとずつ増やしていったんですけど、そこの流木とか淡路島まで拾いに行ったんですよ。

0034_original

淡路島まで…!?

片岡さん: 海っぽいテイストのコーディネートが流行ってるって聞いて。たしかマリンテイストのカーテンをオリジナルで作ったとき、それにあわせてとってきたんです。(笑)

流木を持って記念写真!

せっかくなので流木を持って記念写真!

なるほど。(笑) オリジナルアイテムもあるんですね!

片岡さん: そうなんです。今年に入ってから集中的にやり始めたのですが春夏/秋冬とシーズンごとに新作を出しています。

staff

デザインは外注されているのですか?

片岡さん: いえいえ。制作スタッフが担当したり、ときにはわたしが作ることもあります。

片岡さんがデザインされることもあるんですね!

片岡さん: はい。天然素材だと洗いづらいので洗える天然素材風のカーテンを独自に開発したり。

オリジナルブランド「ANTIQUE&VINTAGE シリーズ」

オリジナルブランド「ANTIQUE&VINTAGE シリーズ」

すでにあるカーテンをわざわざオリジナルで作るのではなく、今のカーテン業界にないものを作ろう!そういう意識でデザインしていますね。

0015_original

なるほど。ちなみにネットショップでは伝えにくい素材の質感や厚みなどは、お客さまへどうやって伝えていますか?

羽田さん: そういったお問い合わせがあると、サンプル室から生地をみつけだして詳しく説明しますね。

0038_original

白色だけ見てもこんなにあるんですか! サンプル室には何種類くらいの生地があるんですか?

羽田さん: 3000種類くらいですかね。この中から探している生地をみつけだすのは至難の技です(笑)

す、すごい…。

0028_original

片岡さん: せっかくなので下のオフィスも案内します。スタッフたちを紹介しますね。

0042_original

片岡さん: ここがふだん働いているオフィスになります。

0062_original

片岡さん: すみません…ごはんのにおいが…! (笑)

杉本さん: 奥のキッチンでお米を炊いているんですよ、みんな炊きたてのごはんを食べられるように。

0072_original

お食事中、失礼します。(笑)炊きたてごはん、うらやましいです…! ところでみなさんは仲良しですか?

片岡さん: 仲良しですねぇ。みんなでバーベキューや旅行したり、こうやってお昼のときも誰かが何か言うと冗談やつっこみが飛び交ったりします。

羽田さん: でもねぇ。よむよむカラメルさんたちに比べたら静かかもしれません(笑)

いやいや!うちの会社は基本チャットで会話してることが多いので、オフィスは怖いくらい静かです(笑)

0069_original

片岡さん: そうなんですか!

いつか東京にいらっしゃったら、うちのオフィスにも遊びに来てください。びっくりすると思います。

0008_original
 

では最後に…「びっくりカーテン」さんの目標を教えてください。

片岡さん: そうですね。ふつうの展開としては実店舗やモールへの出店なんかも考えられると思うんですが、運営にふりまわされてしまってお客さまをきちんと大切にできないのなら、いまの展開をきちんとしていくほうを優先したいと考えています。

0003_original

オリジナルのカーテン開発やサポートなど、どんどん強化していって、さっきよむよむカラメルさんたちが重ね技に感動してくれたように、日本に浸透してるカーテンのイメージをがらりと変えていきたいです。

カーテン選びにワクワクする人たちをこれからも増やしていってください! 今日は、ほんとうにありがとうございました!

今回ご紹介したショップ
びっくりカーテン
100サイズ、3000種類以上の既成カーテンを販売している大阪のネットショップ。

ページのいちばん上へ