気になるワードは?
大学4年生当時の手帳。こまめにチケットの半券を貼っている

手帳買い替えシーズン! 上手な使いこなし術をみんなに教えてもらいました。

こんにちは、カラメル編集部のかいです。

年末といえば、そろそろ来年の手帳を選んでおきたいシーズン。皆さんは今、どんな手帳をどんなふうに使っていますか?
わたしはというと、ご覧の通り。今年も上手に使いこなせないまま年末を迎えようとしています。

techo00

わたしも来年こそは手帳をうまく使える人間になりたい!
そこで今回は、カラメル編集部の周りにいる人にお願いして、みんなの手帳の使い方を見せてもらうことにしました。
 

スマホアプリ活用で書き忘れを防止!
0才児のママ・ななさんの手帳

ななさん

 

現在使っている手帳: 学研ステイフル「育児ダイアリー くまのがっこう
お気に入りのアイテム: 特にこだわりなし! 注射した日にもらえる「ごほうびシール」はメモ欄に貼って残します。

 

子どもが生まれたことをきっかけに手帳を使いはじめたというななさん。
我が子が大きくなったら一緒に見たい!」という思いから、もうすぐ1才になるお子さんの育児メモとして活用しているのだそうです。

お子さんが産まれた週のページ(拡大して見るにはクリック)

お子さんが産まれた週のページ (拡大して見るにはクリック

毎日の体重、体温、授乳や排泄の記録まで…!これを毎日残すのはとても大変そうです。 毎日続けられる秘訣を教えてください!

ななさん

 

はじめは毎日手帳に書いていたのですが…徐々に忘れて適当になってきたので、最近はアプリにメモしておいて、後でまとめて記入するようになりました。
手帳を書きはじめてもうすぐ1年。「まずは一冊埋めるぞ~!」という気持ちで今日まで続けています。過去ページを見返すと、懐かしくてほっこりしますよ。

 

こちらは最近のページ。一言メモにほっこり...(拡大して見るにはクリック)

こちらは最近のページ。一言メモにほっこり… (拡大して見るにはクリック

スマホアプリを使いこなし、その日あったことを上手に記録しているななさん。
実際、ヘトヘトに疲れた日も欠かさず筆を取るのはハードルが高い作業。手書き作業は体力のある日の自分に任せて、ひとまずスマホに残すのは有効な手かもしれません!
 

 

読み返したときもポジティブな気持ちに!
大学4年生・まーさーさんの場合

まーさーさん

 

使っている手帳: UNITED-BEES (A5スリムタイプ)
お気に入りのアイテム: ユニボールシグノ(三菱鉛筆)、筆まかせ(パイロット)、プチデコラッシュ(プラス)

お次は「学生時代の手帳を見せてほしい」とお願いしてみたところ、大学4年生の頃の手帳を持ってきてくれた新卒1年目女子・まーさーさん。

こまめにチケットの半券をぺたり。(拡大して見るにはクリック)

こまめにチケットの半券をぺたり。 (拡大して見るにはクリック

まーさーさんは学生時代、どうして手帳を使いはじめたのでしょう?

まーさーさん

 

学生時代なんとなーく毎日を過ごしてる感じがして、何してたか思い出せないのが嫌だなって思ったのがきっかけです。 手帳を書いてみると、あとで見返したときに「こんなことあったな~」とかすごく鮮明に思いだせるんですよ。そのおかげで、できるだけ残しておこう!って思えますね。

なるほど! 確かに、その日にあったことを細かく記録していますねえ。手帳に使う文房具にはこだわりなどありますか?

まーさーさん

 

いちばん愛用しているのが、ユニボールシグノというボールペンです。たくさんのペンを試し書きしてみて、これがいちばん好きな書き心地でした!
筆まかせは字がうまくなくてもいい感じに書けるのでオススメ。ご飯や飲み会の約束がある日は、プチデコラッシュを使って印をつけています。

 

プチデコラッシュのラインアップ(公式サイトより引用)

プチデコラッシュのラインアップ(公式サイトより引用)

おおっ、スタンプっぽくてかわいい! 他に何かこだわりはありますか?

まーさーさん

 

手帳の右側には旅のチケットなど、思い出すのによさそうなものを貼ります。
右側は方眼紙になっているので、長文の日記や上手にできたレシピを書き留めたり、その日の気分でなんでも書けるので便利です。

手帳には楽しかったこと・うれしかったことを主に書き残すのが、まーさーさん流。
このあと社会人になってからの手帳もこっそり見せてもらいましたが、こちらも学生時代と変わらず、見返したときにポジティブな気持ちになる工夫がされていました。
 

 

予定が重なった!苦い思い出が手帳づくりのきっかけ。
OL・あきこさんの場合

あきこさん

 

現在使っている手帳: ノーブランド
お気に入りのアイテムJETSTREAM(三菱鉛筆)、FRIXION BALL(パイロット)

手帳を書きはじめて10年以上になるというあきこさんは、主にプライベートでのスケジュール管理のために手帳を活用しているとのこと。
どんなふうに予定を書き込んでいるのか、ちょっとだけ見せてもらいました。

「今年のじゃないけど...」と見せてくれた、とある1ページ(拡大して見るにはクリック)

「今年のじゃないけど…」と見せてくれた、とある1ページ (拡大して見るにはクリック

あきこさんはどうして手帳づくりを始めたのでしょうか?

あきこさん

 

知人との予定がダブルブッキングしてしまうことがよくあり、さすがに反省して書きはじめました。予定がわからないと不便なので仕方なく…という感じでしたが、今は家計簿をつけるのにも役に立っています

なるほど。予定やできごとなどを書く中で、何か工夫しているポイントはありますか?

あきこさん

 

カレンダーには、人の名前や時間・場所などを簡潔に書きとめておきます。職場のセミナーや本で学んだことで、後から見返したい大切な内容はメモ欄に。年間のTODOリストや大事な言葉は、手帳を新しくしても必ず書いています!

 

本などで学んだことを見返せるようにメモ!(拡大して見るにはクリック)

本などで学んだことを見返せるようにメモ! (拡大して見るにはクリック

「アラフォーなもので、カラフルじゃなくて申し訳ない…」と謙遜するあきこさんでしたが、意外にも今回ご紹介した全員、ボールペン1本でシンプルに記入していました。
華やかに色を塗るのも楽しいですが、毎日負担なく継続するためにはあえてシンプルに書き留めることもひとつのコツなのでしょう。

 

みんなの使いこなし術を聞いているうちに、来年こそは私でも手帳を書けるような気がしてきました。 さっそく自分に合ったすてきな手帳を探しに行こうと思います!
みなさんもぜひ、お気に入りの手帳や文房具を見つけてみてくださいね!
 

関連記事はこちら!

脱・三日坊主! 買った手帳をきちんと続けるコツ、教えてもらいました。
dsc_3349-1

手帳・文房具を探すのにおすすめのお店はこちら

輸入文具・日本の定番文具販売 ブンドキ.com

capture

通販サイトはこちら 

ページのいちばん上へ