気になるワードは?
魔女のほうき

魔女が使っている「ほうき」をつくろう 〜 MACHITOKIさんからの手紙 〜(新潟)

このお話ってどんなの?

おいしい白玉が作れるキット「しらたまおやつ」で人気のネットショップ「MACHITOKI(マチトキ)」さんから、1枚の写真とそれにまつわるエピソードをいただいて紹介しています。
今日は、幼いころ誰もが憧れた「魔女のほうき」にまつわる小さなエピソードをお届けします。
 

今日の1枚

machitokiさん(@machitoki)が投稿した写真

絵本やマンガに出てくる魔女って、よく「ほうき」に乗って空を飛んでいますよね。
でも、あんな形のほうき、現実ではなかなか見かけません。
 

ところがある日、外で掃き掃除をしていた大家さんをふと見ると…
彼女が持っていたのは、なんとあの「魔女のほうき」そのものだったんです。

すぐに店を飛び出して「それ、どうしたんですか?」と聞いてみると、
大家さんは「ほうき草でつくったのよ!」と得意げ。
 

「ほうき草……?」
詳しく聞いてみると、ほうき草と呼ばれるそれは「コキア」という植物のことでした。

夏はあざやかな緑色をしていますが、秋が深まると赤色に染まり、それからこの枯れたような色合いになるそうで、大家さんのお庭にはたくさん生えているんだそうです。
 

さっそくお庭からほうき草を分けてもらい、ためしに作ってみたら簡単簡単!
ほうき草をたっぷり束ねて、針金やひもで棒にくくりつければ、あっという間に完成です。

見かけたお客さんからも、よく「かわいい!」なんて褒めてもらえます。

ぜひ、みなさんにも作ってみてほしいです。
 

編集部より

たしかに、普段見かけるほうきといえば、ほとんどが板状の穂先。
それどころか最近は、身のまわりでほうきを見かける機会もずいぶん減ってしまったように感じます。

さて、さっそく「コキア」について調べてみたところ、おうちで育てるのは至って簡単とのこと。この時期は深いピンクにも似た味わい深い色に紅葉するようです。

興味を持ったらすぐに行動。
バイタリティあふれるMACHITOKIさんの姿を想像して、私たちも元気がもらえました。

今回ご紹介したショップ
MACHITOKI
「街に流れている時間」をコンセプトにカフェや企画デザインを展開する夫婦ユニット。

ページのいちばん上へ