気になるワードは?
dsc_3349-1-1

脱・三日坊主! 買った手帳をきちんと続けるコツ、教えてもらいました。

こんにちは、カラメル編集部のかいです。
年末といえば手帳の買い替えシーズン。手帳を毎年うまく使いこなせずにいるわたしは、先日の記事で「手帳の使い方」を周りの人たちにインタビューしてきました。

手帳買い替えシーズン! 上手な使いこなし術をみんなに教えてもらいました。

手帳買い替えシーズン! 上手な使いこなし術をみんなに教えてもらいました。

この記事を読む

 

ですが、冷静になってよく考えてみると…手帳をうまく使う以前に、わたしは重度の三日坊主。使い方がわかっていても、きちんと続けられなければ意味がないのでした。

そこで今回は、絵日記を毎日つけているというカラメル編集部・ちょれにインタビュー。手帳を毎日書きつづけるためのコツについて、根ほり葉ほり聞いてみました。

dsc_3349-1
 

書きつづける秘訣は「ソフトな自分ルール」。
カラメル編集部・ちょれの手帳

使っている手帳ほぼ日手帳(カバーなしで使用)
お気に入りのアイテムLAMYの万年筆

最近のとある1ページ。 (拡大して見るにはクリック)

最近のとある1ページ。 (拡大して見るにはクリック

ずっと書きつづけるために、あえて他人に見せてしまう。

はじめに、ちょれさんはどうして手帳をつけはじめたのですか?

わたしの場合、仕事のスケジュールなどはオンラインで管理しているんですけど、プライベートの出来事や食べたものなどを残しておきたくて、手書きで記録しています。

毎日こんなふうに書き続けるのって、とても大変なはず……モチベーションを維持できるのがすごいです。ちょれさんが手帳を書きつづけられるモチベーションは何なんでしょうか?

ええ~、なんだろう…。むしろ最初はモチベーションがなくて続かなかったな。
それで「毎日続けるにはどうしたらいいんだろう?」と考えて、書いた日記をインターネットで公開するようにしたの。毎日更新しないと「どうしたの?」って言われたりするから、やっと続くようになったよ。

なるほど、あえて人に見せることで…。

そうそう、なんとか気持ちを維持しているよ。
 

ちょれが絵日記を公開するサイト「日刊ハトさん」。

ちょれが絵日記を公開するサイト「日刊ハトさん」。

これだけのボリュームがあれば、1年経つ頃にはきっと自分でもすごく見ごたえがありますよね?

そうねえ…でも、実はあんまり見返さないんだよね。自分で読み返す気にはならなくって。

えっ、見返さないんですか。

見返さないねえ。けど、このまえ九州の空港で手帳をなくしてしまって…無事に戻ってきたときは、さすがに初めて見返したよ。

ありがたみを実感しますよね…戻ってきてよかったです、本当に。

実感した! 本当に大事だなあって。戻ってきてくれてよかったよ…。
 

手帳が戻ってきた日の1枚。

手帳が戻ってきた日の1枚。


 

一度はつかってみたい「ほぼ日手帳」。お気に入りポイントを教えて!

ところで、今は「ほぼ日手帳」を使っていますよね。何かお気に入りのところってありますか。

前は無地を使ってたんだけど…文字がゆがんじゃうので、罫線で調整できるのがうれしいかも。それに字が汚かったりレイアウトが雑でも、線でうまく囲んでしまえば何とかなると気づいて(笑)。しっかりキレイに見えるから、ほぼ日は最高だよ。
あと、やっぱパタンと180度に開くのはゆずれないポイントだな。とても書きやすいです。

どのページでも180度パタンと開く (「ほぼ日手帳 2017」より引用)

どのページでも180度パタンと開く (「ほぼ日手帳 2017」より引用)

では、来年もほぼ日で決定ですか?

うん、でも来年のは英語版にしました! 表紙が黒くて「手帳」って書いてあるやつ。
日本語版のほうは旧暦とか、あんまり使わない機能があるのが気になっちゃって。その点、英語版は仕様がちょっと違うみたいだね。

ページの中身にシンプルさを求めたんですね。おもしろい…。
ちょれさんは毎日ペン1本で書かれていますけど、つかっているペンにこだわりはありますか。

いつも使ってるのは、手帳を書きはじめた頃に知人からもらったLAMYっていう万年筆。万年筆はペン先の表裏で線の太さを書き分けられるので重宝してます。がんばって色を塗っても長続きしないから…ずっとペン1本でやってるよ。

負担なく続けるために、あえてペン1本に。

そうそう。

ちょれが使っているLAMYの万年筆。

ちょれが使っているLAMYの万年筆。

商品の詳細はこちら
 

手帳を書きつづけるためのコツって、どんなの?

あの、わたし本当に手帳が続かないんです…。「ほぼ日手帳」も1ヵ月は続けられたんですけど、その先がどうしてもダメで。
そういう人でも来年からは続けられるようなコツはありますか?

そうですね、毎日書きやすい自分だけのコーナーをつくるといいかもしれません。
食べたものや着ていた服、今日会った人だとか、変化のあるものを記録するとモチベーションが続きやすいと思います。
あとね、書くのに困るときって大体「今日書くことないな」とか「疲れて書く気力がない」って日なので、自分ルールをできるだけやわらかくするといいね。「一文でも書く」とか。

「自分を許せるラインを作る」ってことですかね。

そうそうそう。そういうの作っとかないと、続かないかも。
ほら、こんなもんでもいいんです。これは酔っぱらってしまって書く気力がなかった日。アイスの絵だけで済ませちゃいました。
 

疲れていた日のとある1ページ。 (拡大して見るにはクリック)

疲れていた日のとある1ページ。 (拡大して見るにはクリック

ほんとだ…。毎日気負ってしまう必要はないんですね。

それでいいと思います。これでもいいやって許せるルールをつくってあげましょう。
わたしの場合、旅行に出かけたときや年始は頑張って書いてたけど、今はもう文字だけのページもあるし…。そんなもんだよ。もう何でもアリ。雑な日だってありますよ。

それでも毎日続くのはすごい…。一日のどこかに手帳と向き合う時間を設定してるんですか?

わたしは前日のぶんを翌日の朝に書くことが多いかな。お酒を飲むことが多いので、夜はどうしても雑になっちゃうんだよね(笑)
なので、いつもは絵を描く余裕のある朝に書いています。

実際、ひと晩経ってみると冷静に考えられることもあるかもしれませんね。

うん、それはすごくあると思う。
でも、逆に忘れてることもたくさんあるんだろうなあ、次の日書いちゃうと…。何を食べたとかって、次の日にはけっこう忘れちゃうものだし。

たしかに…! けっこう忘れちゃいます。

 

書くことなくて困っちゃう…「何もしなかった日」対策は?

1日1ページで書くのって気合が必要ですよね。週間タイプを使う人は多いですが。

そうだよね…そんなに書くこともないし、変化もなかったなって日はけっこう多いんだよね。夏休みとかなら書くことがいっぱいあるんだけど。
 

夏に旅行へ出かけたときの1ページ。 (拡大して見るにはクリック)

夏に旅行へ出かけたときの1ページ。 (拡大して見るにはクリック

わたしも、どうして続かなくなるのか考えてみたんですけど…たぶん「何もしなかった日」がきっかけなんです。ああ書くことないな…って思うたびに遠ざかってしまう。

わかる、わかるよ。
でも、何もしなかった日は無理に出来事を書かなくてもいいんじゃないかなあ。わたしの場合は今考えてることに走りがちだね。今ほしいものとか、めんどくさいとかつらいとか、そういう心情みたいなことを書いちゃってる。

いま自分の心のなかにあるものを書き出してみる、と。

そうそう、わたしはそれが多いね。鬱っぽく見えちゃうけど(笑)
実はわたしもね、365日完遂できそうなのは今年がはじめてだったんだよ。こないだ空港で落としてさえいなければ…。

えっ、そうだったんですか!

それまではどうしてもやっぱり抜けてしまう日があって…。それってなぜだろう?って考えてみると、さっき言ってたような「何もしなかった日」があったからだと思う。
やっぱり、どうにか出来事を書かないと意味がないような気がしちゃうけど、本当はそんなことないんだよねえ。

無理やり出来事を書かなくてもいいって知れて、よかったです。

ふふ。とりあえず埋めてしまえばいいんだよ(笑)

教えてくれてありがとうございました!

 

上手な使い方、そして毎日続けるコツ。どちらも学ぶことができたので、来年こそは手帳をムダにしてしまうこともなくなるでしょう。
きれいな手帳に憧れてきた三日坊主のみなさん、来年はぜひ手帳をつけてみませんか?
 

関連記事はこちら!

手帳買い替えシーズン! 上手な使いこなし術をみんなに教えてもらいました。
capture

手帳・文房具を探すのにおすすめのお店はこちら

輸入文具・日本の定番文具販売 ブンドキ.com

capture

通販サイトはこちら 

ページのいちばん上へ