気になるワードは?
machitoki_yukidaruma

続・しらたまであそぼう! 〜 MACHITOKIさんからの手紙 〜(新潟)

このお話ってどんなの?

おいしい白玉が作れるキット「しらたまおやつ」で人気のネットショップ「MACHITOKI(マチトキ)」さんから、1枚の写真とそれにまつわるエピソードをいただいて紹介しています。
今日は、身近なとある材料をつかった白玉だんご作りにまつわる、小さなエピソードをお届けします。
 

今日の1枚

machitokiさん(@machitoki)が投稿した写真

以前、ジュースで白玉に色をつけて遊べることについて紹介させていただきました。

じつは先日も、
2歳の娘から「しらたま! しらたま!」と、しらたま粘土遊びをせがまれたところです。

でも、その日はちょうど白玉に色をつけられそうなジュースがなかったので
娘には「今日はだめだよ~」とお断りしてしまいました。
( 冷蔵庫に牛乳はありましたが、色がつかないから意味がないんです…(笑) )
 

後日、MACHITOKIカフェで仕事をしながら
「ジュースがなくても、全然楽しいんじゃない?」と突然思い立ち、
カフェメニューの「しらたまあんみつ」で使う ぶどうのヘタ を白玉に刺して
試しに ゆきだるまを作ってみました。

これが、超超超簡単でした!
 

白玉さえあれば、なんだってつくれます。
パスタや固めの野菜を細かく刻んで使えば、全部食べられる雪だるまも作れちゃいます。

我が家では、これが最高の団らんの時間です。

 

編集部より

写真を見たときは、ほんものの雪をつかったゆきだるまかと思いました…!
ぶどうのヘタがいかにも枝らしくって、とってもかわいらしい白玉ゆきだるま。私もニンジンなどの野菜で試してみたくなりました。

身近な食材をつかったお子さんとの白玉ねんど遊び、また機会があればその模様を教えてくださいね。

今回ご紹介したショップ
MACHITOKI
「街に流れている時間」をコンセプトにカフェや企画デザインを展開する夫婦ユニット。

ページのいちばん上へ