気になるワードは?

味の決め手は「注ぐ位置」!? とびっきりおいしい紅茶のいれ方、教えてもらいました。

「Fancy a cuppa? (お茶はどう?)」
紅茶が大好きなイギリスの人びとは、一日に何度もこのフレーズを使うのだとか。

teatreat12

彼らにとって一杯の紅茶は、日常に小さな弾みをつけてくれる存在。
そんなイギリスのティータイムにおいて古くから愛されているのが、イエローの缶につまった「キャンベルズ・パーフェクト・ティー」です。

今回は、この伝統的な茶葉をつかったとびっきりおいしい紅茶のいれ方を、TEA & TREATSさんに教えてもらいました。

teatreat13
 

キャンベルズ・パーフェクト・ティーって?

「キャンベルズ・パーフェクト・ティー (Campbell’s Perfect Tea)」は、イギリス人以上に紅茶を愛する隣国・アイルランドで生まれた老舗紅茶ブランド。
アッサム種を改良した独自の「ケニア品種」をつかった紅茶は、しっかりとコクがありながらマイルドで飲みやすく、ミルクによく合う味です。

teatreat14

濃いめにいれた紅茶にミルクをたっぷり加えた力強い味のミルクティーは、ビスケットやスコーンの香ばしさとばつぐんの相性! 焼き菓子が好きな人には至福の組み合わせです。
 

注ぎ方がおいしさを決める!
まずは基本のいれ方からレクチャー

まずこちらは、ストレート、ミルクティーのどちらもおいしく飲める基本のいれ方。おうちのティーポットやお好みに合わせて、茶葉の量や蒸らす時間を調整してみてください。

teatreat08

1. ティーポットはあらかじめ温めておきます。茶葉大さじ1をティーポットに入れます(1~2カップ用ティーポットの場合)。
2. 沸かしたてのお湯を、空気を含むような感覚で高めの位置から一気に注ぎます。すぐにフタをし、2分蒸らしましょう
3. 軽くステアし、茶こしで漉してからカップに注ぎます。お好みで、ミルクを加えてお召し上がりください。
 

一番のおすすめはこれ! まろやかな「ミルクティー」

キャンベルズティーの素朴で力強い味を存分に楽しむなら、まずは濃いめにいれたミルクティーでどうぞ。ミルクと紅茶、どちらが先かはお好みで。

teatreat09

1. ポットとカップはあらかじめ温め、ミルクは常温に戻しておきます。
2. 茶葉大さじ1強(8~10g)をティーポットに入れます(1~2カップ用ティーポットの場合)。
3. くみたての水を沸かし、やかんを持ち上げて高い位置からポットに注ぎます。
4. すぐにフタをして、3分蒸らします。
5. 優しくステアしたのち、たっぷりのミルクに注ぎます。
 

短時間でつくれる!すっきりテイストがおいしい「ストレート」

キャンベルズティーは、比較的 色や味が出やすい紅茶。
そのためストレートで楽しむ場合は、茶葉は少なめ・蒸らし時間も短めでOKです。まろやかなうまみとすっきりした味わいをお楽しみください。

teatreat10

1. ポットとカップはあらかじめ温めておきます。
2. 茶葉大さじ2/3(5~6g)をティーポットに入れます(1~2人用ティーポットの場合)。
3. やかんを持ち上げて高い位置からポットに注ぎます。
4. すぐにフタをして、2分蒸らしましょう
5. 優しくステアしたあとカップへ注ぎます。
 

スパイシーな煮出し紅茶も◎!「チャイティー」

しっかりとコクのあるキャンベルズティーは煮出し式の紅茶にもぴったり。 早めに牛乳を加えると、マイルドでやさしい飲み口になります。

teatreat11

1. まずカルダモン2粒、クローブ2粒、黒粒こしょう2粒、シナモン1/2~1/3本を用意します。シナモンは手で細かく砕き、お好みでドライジンジャーまたはジンジャーパウダー(しょうがのすりおろしでもOK)少々を加えてもよいでしょう。
2. 茶葉10gと(1)のスパイスを小鍋に入れ、水1カップ強(約220mL)を注いで中火にかけます。ふつふつと沸いてきたら弱火にして、約1分煮込みます
3. 水と同量の牛乳を加え、時々混ぜながら弱火でゆっくりと温めていきます。沸騰する手前で火を止め、漉しながらカップに注ぎましょう。

お好みで甘さを加えてください。きび砂糖、洗双糖などコクのあるお砂糖やはちみつがおすすめです。
 

今回つかった「キャンベルズ・パーフェクト・ティー」はこちら

ノスタルジックなゴールデンイエローの缶に、500gもの茶葉が無造作にぎっしり。
両手で持つほどの大きな缶に入った茶葉は、なんといっても気取らないデイリー感が魅力的! どっしりと力強く、マイルドで誰にでも飲みやすいミルクティー向きの紅茶です。

毎日の朝食やティータイムに、気兼ねなくたっぷりとどうぞ。

teatreat01
商品の詳細はこちら 

 

今日ご紹介したネットショップはこちら

ティータイムにまつわる商品をお届け TEA & TREATS

capture

通販サイトはこちら 

ページのいちばん上へ