気になるワードは?
garet_1

今年幸せを掴むのは誰? 1月しか食べられない王様のスイーツ「ガレット・デ・ロワ」

カスタードクリームとアーモンドクリームがたっぷり入ったサックサクのパイ。
今日ご紹介するのは、フランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」。なんとこちら、1月しか食べられないお菓子なのですが…みなさんはご存知でしたか?

blancpain04

フランス語で「王様のお菓子」を意味するガレット・デ・ロワ。
現地では、1月6日の「公現祭(エピファニー)」の日にいただくのがお決まり。家族や親戚、友だちが集まる場で新年を祝うのに欠かせないおやつです。

※公現祭 … キリストの誕生を祝い、東方の3博士がお祝いを持ってたどり着いた日のこと。

blancpain03

パイの中には「フェーブ」と呼ばれる小さな陶器の人形が1つだけ入っています。
みんなで切り分けて食べるとき、フェーブの入っているところが当たった人は、その日の王様・女王様として大いに祝福されます。彼らは願いが叶い、その幸運は1年間続くといわれているのだとか!

garet_3

新たな年が明けると同時に、フランスのケーキ屋やパン屋では ガレット・デ・ロワ が山積みに! これを食べないと1年が始まらないとばかりに、みんなが買いにやってくるのです。
 

そんな「ガレット・デ・ロワ」を作る本場フランス仕込みのパン屋さん

今日ご紹介する「ガレット・デ・ロワ」を作っているのは、愛知県名古屋市にあるパン屋さん「Blanc Pain(ブランパン)」。

clowassan_03

フランスで15歳のときからパン職人として働いていたムッシュと、お菓子の勉強をしにフランスへ留学していたマダムが、日本で一緒に立ち上げた同店。
ムッシュは2009年に天国へと旅立ってしまいましたが、その後も彼の言葉・しぐさのひとつひとつをバイブルとして、本場の味と食感を大切にしたパンを作りつづけています。

そんなブランパンさんの自信作「ガレット・デ・ロワ」がこちら!

garet_1

何度も寝かせ、何度も折りたたみ、ていねいに作られたパイ生地はサクサクとした食感。発酵バターの濃厚な味が口の中でじわりと広がります。

blancpain01

パイの中には、アーモンドクリームとカスタードクリームを合わせて作られた「フランジパンヌクリーム」がたっぷり!
香ばしい味わいのアーモンドクリームと、素材のまろやかな甘さが活きたカスタードが絶妙に混ざり合って、しっとりホクホク、コクがあって優しい風味に仕上がっています。

1ホールの直径は約 16 cm。家族の1年間の幸せを願って、休日のティータイムにみんなで「ガレット・デ・ロワ」を囲んでみてはいかがでしょう。
あわせて「日本一おいしいクロワッサン」もおすすめです◎

clowassan_01
 

今日ご紹介したネットショップはこちら

本場フランス仕込みのパン屋さん Blanc Pain(ブランパン)

capture

通販サイトはこちら 

ページのいちばん上へ