気になるワードは?

130種のハーブが香る「缶入りケーキ」ほか フレンチ・アルプス生まれのスイーツ3選

フランス南東部、雄大な自然に囲まれたフレンチ・アルプス
酪農がさかんで上質な乳製品が多くつくられているこの地では、フルーツや花、ハーブもよくとれるのだそう。

そんなフレンチ・アルプスの魅力を日本にお届けしているのが、神戸の「L’accent(ラクソン)」さん。今回は、自然の恵みがたっぷりつまったとっておきのスイーツと食材を教えてもらいました!

フレンチ・アルプスの缶入りケーキ

風味豊かなフレンチ・アルプスのバターと、体にやさしいオーガニック素材を厳選して焼き上げた缶入りケーキ。
小麦粉は使わず、グルテンフリーの米粉で理想のしっとり食感に。リキュールの女王とよばれる「シャルトリューズ(※)」を加え、豊かなハーブの香りをアクセントに仕上げました。

※1737年、フランス・シャルトリューズ修道院で生まれた神秘的なリキュール。130種類のハーブを調合して生まれた極上の香りと美しいグリーン色が特徴です。


商品の詳細はこちら 

さっぱり風味のチーズケーキソース

ソース職人のエルベさんが考案した、ペースト状のチーズケーキ風ソース
フレンチ・アルプスでとれたおいしいミルクをベースに、レモンを効かせてさっぱりとした風味に仕上がっています。

このほか、花とハーブの風味がきいたフレーバーも人気。クラッカーやベーグル、シンプルなケーキなどにのせて頬張ってみてくださいね。


商品の詳細はこちら 

老舗ショコラトゥリーのココア缶

淡いブルーのレトロな缶に入ったこちらは、1906年創業の老舗ショコラトゥリー「ドゥ・マリュー社」の濃厚なココアパウダー。

カカオ豆から厳選し、焙煎から粉挽きまで手がける同社のココアは、シャープで深みのある赤茶色が特徴。濃厚であってもお湯に溶けやすく、ホット・アイスのどちらで味わっても濃厚なカカオの風味が楽しめます。

おいしいアイスココアのつくり方

材料(グラス1杯分)
・ココア ティースプーンで山盛り2~3杯
・ミルク 150cc
・お湯 50cc
・氷 適量

つくり方
1. グラスにココアを入れて、お湯を注いでよく溶かします。
2. ミルクを注ぎ、よく混ぜてからたっぷりの氷を入れて召し上がれ。
(ミルクを豆乳に替えてもおいしくいただけます)


商品の詳細はこちら 

ネットショップではこのほかにも、ワインをつかったジャムや缶入りのクッキーなどを販売中。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

今日ご紹介したネットショップはこちら

フレンチ・アルプス生まれのブランド L’ACCENT

capture

通販サイトはこちら 

ラクソンさんに関する記事はコチラ

おかずからお菓子まで使いみち無限! おうちで「塩レモン」をつくってみませんか?

おかずからお菓子まで使いみち無限! おうちで「塩レモン」をつくってみませんか?

この記事を読む

まるでお城みたいな見た目。神聖ローマ皇帝も愛した ふわふわスイーツって?(兵庫)

まるでお城みたいな見た目。神聖ローマ皇帝も愛した ふわふわスイーツって?(兵庫)

この記事を読む

ページのいちばん上へ