気になるワードは?

人気のプレートから秋田のはちみつまで「SUNNY CLOUDY RAINY」のこだわりアイテム5点

いつも画面越しに見ているネットショップのむこうには、
想いのつまった"モノ"とそれを届ける""たちがいます。
このコーナーでは、知られざる商品開発ストーリーや
お店の裏側に迫る現場レポートをお届けします。
東京・蔵前にあるセレクトショップ「SUNNY CLOUDY RAINY(サニークラウディーレイニー)」さん。“天気のように変化のあるお店”をコンセプトにしたお店には、愛情をもって選びぬかれた上質なファッション・生活雑貨などが並びます。今回はお店のおすすめアイテム5点を教えてもらいました。

お話を伺ったのは、店主の秋山香奈子さん。

1. かわいいだけじゃなくて使いやすさも抜群「tori plate」

まずは人気のアイテムを、教えてもらえますか?

秋山さん

 

人気ですと…やっぱりこのうつわですね。

鳥のかたちがかわいい!

秋山さん

 

イイホシユミコさんの tori plate という作品なんですけど、わたしも家で使っていますが小回りがきくので出番が多いんですよ。

デザートプレートや取り皿にちょうどよいサイズですね。

秋山さん

 

そうなんです! 他のセレクトショップさんでも取り扱いされている人気のうつわなんですが、ありがたいことにうちで買ってくださる方も多くて。

こちらもイイホシユミコさんの作品。

秋山さん

 

そういえば、今年1月に人気作家の山野辺彩さんのうつわを展示したときなんか、朝早くからお店の外まで行列ができていてビックリしました。ご近所の方にも「何があったの?」って聞かれちゃって…。(笑)

そんなにたくさんの人がくるほどの人気なんですね。

秋山さん

 

イイホシさんの作品も山野辺さんの作品も、毎日使いたくなるかわいらしいフォルムと使い勝手のよさが人気の理由なのかなと思います。

なるほどー。ただかわいいだけじゃないんですね…!


 

2. お天気をイメージしたオリジナルのアロマミスト

秋山さんのいちおしの商品はどれでしょうか?

秋山さん

 

そうですね。どれも大好きなものなんですけど、ついみなさんにオススメしてしまうのは、このアロマミストですね。

左から SUNNYCLOUDYRAINY

秋山さん

 

スールネさんというアロマスタイリストの方に特注したもので、店名にちなんで3種類のアロマを作っていただきました。たとえば「CLOUDY」はちょっとスモーキーな香りがするので、男性のリピーターさんも多いんです。

お天気をイメージした香りなんですね。

秋山さん

 

むずかしい注文だったと思いますが、スールネさんには言葉と香りを結びつける力があるみたいで、晴れた日には「SUNNY」が売れたり、ちゃんとその日の天気とアロマの売れ行きが連動するんです。不思議ですよね。

秋山さん

 

今の時期だとやっぱり「RAINY」が売れます。
ちなみに、年に1~2回、スールネさんによるワークショップをうちのお店で開催しているので、機会があればぜひいらしてくださいね!

スールネさんによるワークショップの様子。


 

3. 清澄白河「TEAPOND」さんとのコラボ紅茶

こちらも天気をイメージしたアイテムでしょうか…? 3種類ありますね。

秋山さん

 

そうなんです。これは清澄白河にある紅茶の専門店「TEAPOND」さんの紅茶なんですが、アロマミストと同じように天気をイメージした紅茶をセレクトしました。

晴れ・くもり・雨、それぞれの天気をイメージした紅茶。

秋山さん

 

ただ仕入れた紅茶を並べるんではなく、わたしから提案してオリジナルの帯を巻かせてもらいました。開店したころからずっと人気の商品です!


 

4. 香ばしい独特の風味でリピーター続出「kuromame tea」

秋山さん

 

こちらもお茶なんですが、ぜひ飲んでみてください!

ありがとうございます、いただきます〜!

香ばしくておいしい…! これは何のお茶なんですか?

秋山さん

 

お口に合ってよかった! じつは、わたしの地元・秋田の黒豆茶なんです。

無農薬・有機栽培黒大豆をじっくりと焙煎した「kuromame tea

秋山さん

 

お豆をやかんで煮出すのはもちろん、ポットでそのまま蒸らして抽出もできるので手軽に飲めます。ほっこりとやさしい風味で、リピーターさんも多いです!

秋山さん

 

ふやけたお豆は砂糖で煮詰めたり、はちみつをかけて食べるのがおすすめです。そうそう、うちで取り扱っている秋田のはちみつもご紹介しますね。


 

5. とっておきたくなるかわいい瓶詰め「アカシアのはちみつ」

秋山さん

 

このアカシアのはちみつは、わたしが昔から実家で食べていたものなんです。さらっとしていてクセがなくて、とてもおいしいんですよ。

すてきなパッケージですね。 これはお店のオリジナルですか?

秋山さん

 

そうなんです! せっかくならここでしか買えないパッケージのほうがおもしろいかなと思ってデザインしてもらいました。

秋山さん

 

本当はべつのパッケージがあったんですが、どうしてもお土産っぽくなっちゃうんです。なぜか「なまはげ」がプリントされてたり…。(笑)

たしかに、秋田といえばそんなイメージがあります。

秋山さん

 

黒豆茶もはちみつも、地元のおじちゃんたちが作ってるものなんですけど、「このパッケージに入れてもらえませんか?」とお願いしてみると、意外に快く引き受けてくださって。

みなさん、やさしいんですね!

秋山さん

 

でしょう。そんなことを続けているうちに今度は秋田で広報関係のお仕事をされている方が、東京出張のついでにうちのお店に立ち寄ってくださって。その方からキイチゴ農家さんを紹介していただいて、キイチゴジャムの取り扱いがスタートしたんです。

国産キイチゴのジャムはとっても貴重なんだとか!

いろんなところから縁が広がっていきますね! 他に企画している秋田の商品はありますか?

秋山さん

 

地元では秋になると「男鹿梨」という和梨がとれるので、京都の「北白川ちせ」さんとコラボして、男鹿梨を使ったジャムを毎年販売しています。

北白川ちせさん、以前に私たちも取材させていただいたことがあります。

秋山さん

 

あっ、その記事わたしも楽しく読ませてもらいました~!

京都で一度は訪れたいお店「北白川ちせ」兄妹の手づくり彫金アクセサリーと果物ジャムの話。

京都で一度は訪れたいお店「北白川ちせ」兄妹の手づくり彫金アクセサリーと果物ジャムの話。

この記事を読む
 

秋山さん

 

その男鹿梨のジャムを出すタイミングで、ウチでは「AKiTA FAiR(アキタフェア)」という企画展を毎年開催してるんですよ。

アキタフェア!

秋山さん

 

今年は3回目になるんですけど、毎年すこしずつ充実してきています。去年は、秋田市にある 08 COFFEE(ゼロハチコーヒー) さんのカフェオレベースや、男鹿に拠点をもつファッションブランドのお洋服も初めて紹介させてもらいました!

昨年開催された企画展「AKiTA FAiR 2016」。

秋山さん

 

これまでは秋田の食べものを中心にそろえていましたが、これからは秋田のモノづくり全体の魅力を、少しずつ発信してこうと考えているところです。

秋田にまつわるイベントや商品開発、今後もすごく楽しみです!


 

新しいものとの出会いを探しに、実店舗へ

今日はネットショップだけではわからなかったストーリーをいろいろ知ることができてうれしかったです。

秋山さん

 

新しいものとの出会いを楽しみに、ネットショップはもちろん実店舗にもぜひ遊びにきていただきたいです。ネットショップでは取り扱っていない期間限定のアイテムにも出会えます。

取材時には期間限定でSWEETCHさんのレモンケーキが。

展示や期間限定のアイテムがあると、訪れる楽しみも増えますね! 今日はありがとうございました。

 

今回ご紹介したショップ
SUNNY CLOUDY RAINY(サニークラウディーレイニー)
ファッション・生活雑貨、食品などを取り扱う、蔵前のセレクトショップ。

ページのいちばん上へ