気になるワードは?
旬八のお弁当とスムージーを食べてみました

旬八のお弁当とスムージーを食べてみました【編集部の交換日記】

この連載ってどんなの?

よむよむカラメル編集部が週替わりで、1週間にあったできごとや取材の裏話をお届けするコーナーです!

2017年6月9日(金)
モハゑ

担当者:モハゑ
やっていること:デザインなど

今週の1枚

旬八のお弁当とスムージーを食べてみました

以前よむよむカラメルでもご紹介した、都内に10店舗を展開する八百屋「旬八青果店(しゅんぱちせいかてん)」。

メディアにも多数取り上げられ大人気の八百屋さんですが、さらに今年の春より、惣菜とお弁当のお店「旬八キッチン」をオープンしました。

そんな「旬八キッチン」がこのたび期間限定で渋谷の東急フードショーに出店していたので、これはチャンス!と思いたちさっそく買ってきました!(※東急フードショーへの期間限定出店は終了しました。)

旬八のお弁当とスムージーを食べてみました

縦位置のお弁当、新しい。そしてカッコイイ。

八百屋さんの親しみやすさ」と「洗練されたデザイン」を融合させた、旬八さんらしい素敵なお弁当です。

旬八のお弁当とスムージーを食べてみました

左から、鶏肉弁当、いわし弁当、唐揚げ弁当。

わたしが食べたのは「イワシ弁当」。イワシにジワッと味が染みていて、ごはんが進みました!

また、わたしはニンジンが得意ではないのですが、一口食べてみてビックリ。ニンジン特有の青臭さがまったくなく、「おいしい!」と声に出してしまったほどです。

一緒に食べた同僚からは、「じゃがいものスライスしたやつが妙においしかった」とのコメントも。

さすが八百屋さんのお弁当だけあって、野菜のおいしさはまちがいない!という感じです。(もちろんお肉や魚もおいしかったですよ!)

あと、値段にもびっくり。こんなに満足感のあるお弁当が、なんと540円(税抜)…!

旬八のお弁当とスムージーを食べてみました

そしてデザートには、とっておきのオリジナルスムージー「旬ムージー」。こちらも、お弁当と一緒に買うことができました。

旬八のお弁当とスムージーを食べてみました

もはや「飲む」というより「食べる」という感覚に近いような、重量感のあるスムージーです。りんごやニンジンなどが持つ本来の「甘さ」を、めいっぱい感じることができました。

野菜がおいしく身体に取り込まれていく感覚は、「身体にいいことしてる!」という感じがして、とても気持ちがいいですね。

こちらのお弁当やスムージーは、「旬八キッチン天王洲店」でいつでも手に入ります!ぜひ、これからの夏を乗り切るべく、おいしく野菜を摂取してみてくださいね!

旬八キッチン天王洲店

今週のおすすめ

「旬八」店長さんインタビュー

「旬八」の運営会社・株式会社アグリゲート代表取締役の左今克憲さんに、お話を伺いました。

高すぎたら仕入れない。説明できない野菜は置かない。ふつうの八百屋とちょっと違う「旬八青果店」の話。

高すぎたら仕入れない。説明できない野菜は置かない。ふつうの八百屋とちょっと違う「旬八青果店」の話。

この記事を読む

最後までありがとう

あとがき

梅雨を前にしていきなり夏のように暑くなってきましたね…! 熱中症には気をつけなくては。

夏といえば虫の存在が恐怖ですが、今日はランチで入った中華料理屋で延々と「蚊対策」の話をしていました。

虫は嫌だけど、「あぁ日本は平和だなぁ」と思ってホッコリしました。

ページのいちばん上へ