気になるワードは?

いつもの肉まんにはもう戻れない! 贅沢素材のごちそう肉まんをお取り寄せしました。

こんにちは、カラメル編集部です。

日ごとに寒さが増してくるこの季節、つい食べたくなるものといえば「肉まん」。
寒い日の放課後、コンビニでほっかほかの肉まんを買い食いした経験は誰にでもあるはず…そんな中高生のころの記憶を振り返りながら、ふと思いつきました。

大人になった今、どうせなら「最高の肉まん」を食べてみたい!と。

 

そこで今回は、東京・幡ヶ谷にある「吉祥包子(ジーシャンバオズ)」さんの肉まんをお取り寄せしてみました。

吉祥包子さんの肉まんはとにかく皮が命
保存料やイーストフード、人工甘味料などの混ぜものはいっさい使用せず、北海道産100%の小麦粉と天然酵母を独自にブレンド。

店長みずから試作を重ねた特製生地に、鹿児島産黒豚や淡路島産の玉ねぎなどの国産食材をたっぷり加えた肉まんは、もはや「おやつ」の域を超えたごちそうなのです。

最大限のこだわりが込められたこちらの極上肉まんを、編集部スタッフたちが調理・実食していきます!
 

肉まんはひと手間かけてでも絶対に蒸すべき。その理由とは…?

まずは両手鍋に蒸し皿を敷いて、お店の一番人気「黒豚まん」を蒸していきます。

鹿児島産黒豚100%を使った「黒豚まん」。

商品についてきた説明書によると、電子レンジでも調理は可能。
ですが店長さんによると「蒸したほうが絶対においしい!」とのこと… 果たしてどれほど味が違うものなのか、1個だけ電子レンジで温めて検証してみることにしました。

左が蒸した肉まん、右がレンジで温めた肉まん。

できあがったものを比べてみると、蒸した肉まんのほうが若干大きく仕上がったようです。
さっそく蒸したほうから中を割ってみると……

軽く皮を破いただけでも肉汁がぼたぼたと手のひらに滴り落ちてきます。 

 

うわっ、熱い熱い!

 

すごい、肉汁がどんどん出てくるよ。小籠包みたいだ。

一口食べるごとに肉汁がじゅんわりしみ出し、周りの皮までしっとりジューシー。大きめに切られた淡路島産玉ねぎもしっかりと甘みがあって…もうたまりません。
 

 

レンジで温めたほうもおいしいけど…肉汁はそれほど出てこないね。

 

たしかに…! これは蒸したほうが間違いなくおいしい。
せっかくなので、さっき近所のコンビニで買ってきた肉まんと並べてみます。

左がコンビニ肉まん、右が今回お取り寄せした肉まん。

皮のしっとり感もさることながら、お肉の旨味と弾力が段違い。
ちょっとジャンキーな後味の残るコンビニ肉まんに対し、職人手づくりの肉まんには「お腹を満たせる」以上のリッチな満足感がギュッとつまっているようでした。

このままでは二度とコンビニ肉まんに戻れなくなりそうなので、先に進みましょう!

ピリッと山椒がきいた大人の味「ピリ辛黒豚まん」

次に蒸し上がったのは「ピリ辛黒豚まん」。
先ほどの黒豚まんとは違い 中は春雨やキクラゲ、ホタテの干し貝柱がたっぷり! 皮にしみだした肉汁もほんのり赤く、いかにも辛味が効いてそうです。

 

あっ。だいぶ辛いな、これ。

 

単なる唐辛子っぽい辛さというよりは…舌がしびれるような。花椒とかが入ってるんですねえ。

 

ちょっと大人の味だよね。私はけっこう好きかも!

ホタテ貝柱の旨味に、春雨とキクラゲのコリコリ食感がアクセントになったスパイシーな肉まん。ピリッと後をひく風味は辛党の方におすすめです!

蒸しパンみたいなふわふわ食感「花巻」を焼いて食べてみた

貝がらみたいな形がかわいい「花巻」。

 

花巻って一度も食べたことないなぁ。「肉まんの皮」みたいなもの?

 

そうです、蒸しパンっぽい感じ。トーストしてもおいしそうだったので、今日は少し焼いてみました。


中華の炒め物と合わせても◎!

 

バターとよく合う! 生地自体に甘みがあるから、ペロッと食べられちゃうね。

 

これ、朝ごはんにもよさそう… チーズとかハムとか挟みたくなります!

 

ねえ、さっきの肉まんもトーストしたらおいしいのかな…。

 

やってみましょう!

見た目は完全にパンですが…もちろん中身は肉まんです

 

おおっ、表面がカリッカリになった! これは新感覚…。

 

トースターだと肉汁も逃げないのでしっかりジューシーなままですね。わたしはこれが一番好きです!

あんまんの概念を超えた! 上品なお味の「胡麻あんまん」

さあ、最後はお待ちかねのデザート! 「胡麻あんまん」の登場です。
蒸したてホヤホヤのあんまんはふっくらつやつや… なんだか輝いて見えるので割ってしまうのがためらわれますが、いざ実食!

 

あんまんの中ってこんなに黒かったっけ… ゴマの色かな? 見た感じもホロホロしている。

 

すごく上質な和菓子みたい! ゴマの香りが強いから、いい意味で「あんまん」への期待が裏切られます。

お茶との相性もばつぐん!

 

あんまんに限らず、全部「皮」がおいしいんだよね。
中の餡にも存在感ではぜんぜん負けてないどころか、ワンランク上のおいしさになってる感じ。

 

本当に。たまにはこんな贅沢もアリですね…!


 

たっぷり試食して大満足の2人でした!


 

いかがでしたか?
今回 肉まんをお取り寄せした吉祥包子さんのネットショップでは、上でご紹介したすべての中華まんが入った「お試しセット」を販売中です。

おうちに蒸し器がない!という方も、100円ショップなどで売られている「蒸し皿」を使えば 普段のお鍋でも簡単においしく蒸せますので、ぜひ一度お試しあれ~!

今日ご紹介したネットショップはこちら

手作り中華まん専門店 吉祥包子


ネットショップはこちら

ページのいちばん上へ