気になるワードは?

その10分、スマホじゃなくて文学に触れてみませんか?新しい本のかたち「文鳥文庫」を読んでみました。

通勤通学、食後のひとやすみ。毎日のすきま時間、あなたは何をして過ごしていますか。
スマホの画面ばかり見ていて、久しぶりに買った話題の小説でさえも
読み終わらないまま放置していませんか?

今日は、ふだんなかなか読書する時間をとれない方に、おすすめしたい本をみつけました。

それが、文鳥社さんの「文鳥文庫」です。

buncho-top

文鳥文庫」は、この夏生まれたばかりの新しいかたちの本。
代官山蔦屋や下北沢のB&Bをはじめ、
有名書店でも取り扱うが決まるなど、注目を浴びています。

読書好きのスタッフが、さっそく取り寄せてみました!

シンプルな外箱をひらいてみると…
かわいい文鳥のロゴマークと

太宰治の『走れメロス』 が現れました。

IMG_1821-0.jpg

宮沢賢治の『注文の多い料理店』や梶井基次郎の『檸檬』をはじめ
教科書などで触れてきた、名作文学が8冊。
じゃばら折りの本は、手帳にはさんでも、かさばらないくらいの薄さ。
一番ながくても16pほどしかありません。

背表紙には、物語を象徴する一行。
どれを読もうか…迷ったら「気になる一行」で選んだり…

page

ページ数で、選んでみてもいいかも。

というわけで。さっそく、読んでみました。

ひと駅で読めそうなものがいいな、と思い
一番みじかい 夏目漱石の『変な音』を選びました。
そのページ数は、たったの8ページ

henaoto

実は、どの物語も文庫本で持っているのですが…
本のボリュームと文字の大きさが違うだけで、
こんなに読書体験が変わるのかと、びっくりするような新鮮さ

『変な音』も、あれ?こんな物語だったっけ…?と不思議な気持ちに。
久しぶりに読んだからなのか、
それとも知っている「本」と違ったかたちのせいか…。

たくさん本を読まれる方へのプレゼントにも、
きっと喜ばれるはずです。

bunko-1-cef5f00b28da532e731a4de099cd74f579ba2f02ea6f21a85aa9c24ad5e5fa63
buncho-8title-ee2b235d2d86e496bdb44259cebcf15ee9fde38d3a50f6d6299480478c38469c

本を読む幸せを、今までにないかたちで届けてくれる文鳥文庫

通勤通学に、食後のひと休みに。
この秋は、ちょっとだけスマホを置いて、文学に触れてみませんか。

bunchobunko_top-9c98f67bad1045c7730924932b353edc391c3f50cec0563c79b4c0bf7f2ae521

ページのいちばん上へ