気になるワードは?

長く寄り添う1品に出会える 古道具・古家具のネットショップ10選

アンティークやヴィンテージ、古道具など…こだわりインテリアが大好きなあなた。
週末は神社や公園で開催される骨董市や蚤の市など、あの雰囲気をネットで味わえないものか…と
すてきな古道具に出会える通販サイトを探してみました!

1.画家のアトリエ風な古道具なら

京都一乗寺のセレクト雑貨店「montique(モンティーク)」さん。
フランスや日本のアンティークを取り扱っています。

スクリーンショット 2015-10-01 7.59.38

しっくりとおうちになじむトーンでありながら個性もあわせもつ、
画家のアトリエにありそうなアイテムのセレクト。
こちらの「見ざる言わざる聞かざる」のオブジェが気になっています。

ネットショップはこちら

2.存在感ある置物をお探しなら

東京にある雑貨のお店「テテカムイワシ」さん。
ちょっぴり変わったショップ名のとおり、並んでいる商品もかなり個性的!

スクリーンショット 2015-10-01 7.48.08

夷さまの置物、古いラジオ、茶箪笥、スプーン、ベッドスプリング(!)まで。
わたしの気になる1品は…アーミッシュが作ったとされる「カラス親子人形」。
エプロンからのぞくカラスの子どもがとってもキュートなんです。

ネットショップはこちら

3.シンプルライフになじむ古家具・道具

静岡県にある「古道具 水無月」さん。
日本の骨董品をメインに、時代が変わってもずーっと一緒に時間を重ねられる
家具、うつわ、小物等を販売しています。

スクリーンショット 2015-10-01 8.59.47

箪笥や机といった家具類が充実しているので、
お引っ越しや模様替えのタイミングで、まとめて家具を選ぶのもおすすめです。

ネットショップはこちら

4.お花が似合うヨーロッパの小道具たち

ヨーロッパの古道具とアンティークをあつめた「nara*」さん。
フランスの陶器をはじめ、ドイツやベルギーのリネン・ガラス雑貨など
幅広く小道具類をとりそろえたお店です。

slideshow_img4

店主さんによる「買い付け日記」は必見。
ドイツの旅行記では写真満載で本場の蚤の市の様子をレポートしてくださってます。

ネットショップはこちら

5.大切に使いたくなる懐かしい道具たち

和製アンティーク品をとりあつかう「古道具めぐる」さん。

骨董市での買い付けや競り市での商品の仕入れはせず、
デザイナーでもある店主さんが、直接日本の古いお宅から
買い付け・譲り受けたものだけを販売しています。
写真なども、もちろん店主さんによる撮影です。

スクリーンショット 2015-10-01 8.32.21

おばあちゃんちにありそうな「しっかりとした作りの三面鏡」や
「網戸の付いた小ぶりな収納棚」「レトロな扇風機」など…
お高い骨董品、というよりも身近で使いやすい暮らしによりそう
大切に使い続けたい古道具がみつかります。

ネットショップはこちら

6.学校を思い出す懐かしい古家具

新潟県にある「古道具ハチミツ」さん。
どこか懐かしい日本の古きよき道具たちに出会えるお店です。

スクリーンショット 2015-10-01 9.01.11

本棚や事務ケース、スツール、アイアンラック…
学校の理科室や職員室にありそうな家具はしっかりしたつくりで
生活に欠かせない存在になりそう。

わたしが気になったのはこちらの「パレット」。
だれがどんなふうに使っていたのか…想像がふくらむアイテムです。

ネットショップはこちら

7.かわいくておもしろくて不思議な雑貨

神奈川県にある「海福雑貨通販部」さん。
古い博物標本、博物図、ビンやガラス、トランク、双眼鏡、紙ものなど…
映画に登場しそうな、不思議な世界観が特長です。

スクリーンショット 2015-10-01 8.54.10

和製アンティークのほかにフランスのヴィンテージ品も取り揃えており
小さな古道具をつめこんだ宝箱のようなお店です。
わたしが気になったのはこちらの「古鍵」。
蚤の市に行くと、つい古鍵を集めてしまうんです。どこの扉につながる鍵なのか…想像するとわくわくします。

スクリーンショット 2015-10-01 8.57.31

ネットショップはこちら

8.カフェのようなおうちづくりをお手伝い

人気のインテリアショップ「ひぐらし古具店」さん。
素敵で居心地のよいカフェスタイルの空間をつくる、という視点で
セレクトされたアイテムは、古道具初心者さんからDIYまで楽しみたい方まで
幅広い方に愛されています。

スクリーンショット 2015-10-01 9.06.52

いちおしは、アンティーク時計
今すぐおうちに取り入れられるシンプルな見た目と使いやすさで
追加されるたびに売り切れてしまうほどの人気アイテムです。

89553024

ネットショップはこちら

9.やわらかい雰囲気を古道具で取り入れて

古道具の店 ナイマ」さん。
”ナイマ”は、店主さんがアフリカでの旅の途中に頂いた名前で
「心地よい」という意味があるそうです。

スクリーンショット 2015-10-01 8.19.13

ガラスやうつわ、箱類など小物のほかに
袋やお洋服といった布ものが多く取りそろっています。
やわらかな表情をもった古道具のセレクトが特長です。

ネットショップはこちら

10.東北の古道具を集めたお店

宮城県の「SANNPO 古道具店」さん。
東北各地を回り集めた古家具、古道具を扱うお店です。

SONY DSC

アンティークドアやキャビネット、ソファーなど大型家具が充実しています。
わたしが気になったアイテムはこちらの「飾り細工の色ガラス飾り棚」。
繊細な文様につぶつぶとしたガラスの表情、それに対して重厚感ある木目の調子。
うつくしい調和が、お部屋の雰囲気をぐっと引き締めてくれそうです。

ネットショップはこちら

いかがでしたか?
手にとれないぶん、届くまでのワクワク感がネットショッピングの醍醐味。
どんなものが届くのか… 楽しみにすごす日々も楽しいものです。
古道具好きスタッフによるinstagramも、ぜひチェックしてみてくださいね。

ページのいちばん上へ